17:00 再び旧市街へ

ミュンヘンっ子の待ち合わせポイントのひとつ、カールスプラッツ

ミュンヘンっ子の待ち合わせポイントのひとつ、カールスプラッツ

美術館へ来た道を引き返して、路面電車でカールスプラッツまで戻りましょう。カールスプラッツはマリエン広場とミュンヘン中央駅のちょうど中間地点にあり、旧市街の入り口カールス門の門前広場。待ち合わせや一休みする人でいつもいっぱいです。カールス門をくぐると、ミュンヘン旧市街でも一番賑やかなショッピングストリートが始まります。この通りをまっすぐ進むと、徒歩15分足らずでマリエン広場です。

マリエン広場に戻る前に、カールス門から5分ほど歩くと左に見える教会に入ってみましょう。この教会は、バイエルンを治めたヴィッテルスバッハ家が16世紀に建てたミヒャエル教会。ヴィッテルスバッハ家の墓所のひとつでもあり、ノイシュヴァンシュタイン城を建設したメルヘン王、ルードヴィヒ2世が眠っているのもこの教会です。王家の墓所は夕方になると入れませんが、教会内部だけでも見応えは十分! 内部は王家にふさわしい壮麗なバロック教会です。

<DATA>
Michaelskirche(ミヒャエル教会)
見学時間:月~土曜8:00~19:00(月・金10:00~)/日曜7:00~22:15

17:45 ホーフブロイハウス

ホーフブロイハウスは地階のビアホールかビアガーデンがおすすめ

ホーフブロイハウスは地階のビアホールかビアガーデンがおすすめ

ミュンヘンの一日の締めくくりは、やっぱりビール!いざ、 世界に名だたるビアホール、ホーフブロイハウスへ向かいましょう。ホーフブロイハウスは、ミュンヘンで最も歴史ある一角のプラッツル広場にあり、マリエン広場からは徒歩約5分です。本来は1589年に宮廷御用達のビール醸造所として建てられたホーフブロイハウスですが、1897年にはビアホールがオープン。以来、地階のビアホールや中庭のビアガーデンでは、昼夜の別なく乾杯の掛け声が響き渡っています。一日をフル活用するミュンヘン観光はハードな日程。だからこそ、お疲れさまの一杯は格別かもしれませんね! ミュンヘン一日観光の締めの一杯は、ミュンヘンらしく1リットルのジョッキに挑んでみましょうか。

<DATA>
Hofbraeuhaus(ホーフブロイハウス)
営業時間:9:00~23:30
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。