2008年に入り、いよいよ本格的な受験シーズンがやってきた。初めて受験を体験する高校生は不安と焦りでいっぱいだろう。残りの約1ヵ月をどう過ごすべきかアドバイスしよう。

まだまだこれから!入試1ヵ月前の勉強方法

画像の代替テキスト
いまさら過去を後悔しても仕方がない。できることが何かを考えてしっかりこなしていこう
この時期はまだまだできることが多いのであきらめないでやろう。ただし新しい参考書や問題集は必要ない。これは勉強の一つの鉄則であるが、センター試験のような科目数が多い試験の場合は、特に弱点を補強すると効果的。かなりできている科目はウォーミングアップ程度にすませ、弱点科目を強化して総合点数をあげていこう。できる科目も放置すると実力が落ちるので注意。

■具体的な勉強方法
  • 英語では単語・熟語の復習は毎日やろう。文法の以前間違ったものだけ復習すること。全体をやる時間はない。


  • 数学では、教科書レベルの基本問題をすべて見直す。すでにやっている問題集があればそれを復習する。例えば、数研の白チャートレベルから、青チャートぐらいまで押さえられるといいだろう。計算力が問われるので、かなりの練習が必要だろう。各予備校が出しているセンター用の予想問題集を使おう。


  • 国語はセンターの過去問や各大学の赤本を中心に演習し、センター試験の場合は予想問題集を更に使う。2冊できれば最高だが、1冊でもよい。時間内にできようにひたすら演習すること。古文の単語、常識集や国語の漢字なども復習する。


  • 他の理科社会の教科も記憶事項の確認をする。


  • ■赤本のやりかた
  • 時間配分をする。センター試験の場合も各問題の時間を決めてやっていこう。特に配点の高いものは多くの時間をかけたい。例えばセンター試験の英語の第6問は20分など。やる順番も考慮してみよう。最初からする必要はない。


  • 時間を意識して解答する。これは時間内にやれということではなく、意識して解答する練習をするということ。つまり自分にプレッシャーをかけること。別に時間がオーバーしてもかまわない。


  • 英語の場合、辞書を使わないか限定的に使用する。語彙力が追いついていない人は、辞書なしでやるとできないことが多いので、そのあたりは自分の語彙力と相談して、限定的に使用してほしい。たとえば、選択肢の問題のみ使用するなど。


  • >>受験1週間前の勉強は?本番ギリギリ最後までできることは?>>