鶴岡八幡宮の冬牡丹

鶴岡八幡宮にはボタン園があり、冬牡丹と春牡丹が楽しめます。冬牡丹の最盛期は1月~2月。

●ボタン(ボタン科ボタン属の落葉小低木)
大きく美しい花が咲くことから、中国では、「花の王」として珍重された。
鶴岡八幡宮の冬牡丹

鶴岡八幡宮の河津桜

鶴岡八幡宮の石段の上には、こんなに鮮やかな色の桜の木があり、何と、2月からもう咲いています。河津桜と呼ばれるこの濃いピンク色の桜は、伊豆の河津に咲くことで有名です。河津桜は、寒緋桜と早咲き大島桜の自然交配種と言われており、2月上旬から3月上旬の一ヶ月もの間、楽しむことができます。
鶴岡八幡宮の河津桜


浄妙寺の紅梅。梅見はやっぱり鎌倉が一番!
●しかし、早春の花の主役は、もちろん梅。
詳しい情報は、「梅見は早めに、いざ、鎌倉へ」をごらんください。

●これまでの鎌倉関係の記事は、こちらにあります。

●吉田さらさは、東京や鎌倉の寺町を散策する講座で、案内役を務めています。
詳しくは、JTBカルチャーサロン、新宿校まで
2月21日は東京目黒の仏像めぐり、3月21日は梅見を兼ねて鎌倉の仏像めぐりを予定しています。
4月以降も、東京、鎌倉、その他東京近郊の寺町散歩にご案内します。

●「神社、寺めぐり」では、毎月2~3回、メールマガジンを発行中です。ガイドが最近旅した時のエピソードなどを添えたコラムや、今後、取材する予定の神社やお寺の情報をお届けします。購読を希望される方は、下記よりお申し込み下さい。

※現在停止中※
「神社、寺巡り」メールマガジン申し込み、バックナンバー一覧

たくさんの方の申し込みを心よりお待ちしています。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。