ポイントその1

浄瑠璃寺の紅葉は、10月下旬ごろからじょじょに色づきはじめます
浄瑠璃寺の九つの阿弥陀様
浄瑠璃寺は、奈良にほど近いが住所の上では京都府内の、「当尾の里」と呼ばれるエリアにあります。周辺は、石仏や野菜の無料販売所などがあるひなびた山間の里です。

浄瑠璃寺には、九つの阿弥陀如来像があります。人が亡くなると、阿弥陀様が迎えにきて極楽浄土に連れて行ってくれます。その迎え方は、その人が生前に積んだ徳によって、九つのレベルに分けられます。徳の高い人はすばやく華やかに、それほどでもない人はそれなりに。その九つの段階ごとに担当する阿弥陀様がいるので、ここには、九体の阿弥陀如来像があるというわけです。

ポイントその2

浄瑠璃寺は山門前の参道もいい雰囲気
麗しの吉祥天女像
浄瑠璃寺のもう一人のスターは吉祥天女様です。秘仏なので、普段はお厨子の中に隠れていらっしゃいますが、お正月と春秋のそれぞれ二ヶ月間は、その麗しいお姿を見せてくださいます。この時期はちょうどそれに当たっていてラッキー!

●浄瑠璃寺の情報はこちら

ポイントその3

岩船寺の三重塔も美しい
岩船寺の大きな阿弥陀様
浄瑠璃寺にほど近い岩船寺には、たいへん立派な阿弥陀如来像があります。10世紀を代表する堂々たる仏像です。象に乗った普賢菩薩も美しいです。静かな山間の寺の雰囲気も楽しんでください。

ポイントその4

大人気!正倉院展
正倉院には9000点もの宝物があり、毎年この時期に行われる正倉院展では数十点が展示されます。今年は69点(うち19点が今回初めての展示)です。今回の見どころは優れた工芸品や貴人の装身具。天平時代の最先端のファッションをお楽しみください。

●今年の正倉院展で展示される主な宝物

ポイントその5

東大寺、興福寺周辺を自由散策
正倉院展が行われる時期は、奈良がもっとも華やぐ季節です。奈良公園の鹿と遊んだり、3月堂、大仏殿などの東大寺の諸堂を拝観したり。また、この時期には、普段は見られない興福寺の北円堂、南円堂内陣、五重塔初層も特別公開されます。寺好き、仏像好きの方は、こちらもお見逃しなく!

●詳細、お申し込みはこちらです

●吉田さらさの「ふわり見仏紀行」に関する情報は、こちらの記事もご覧ください。他に、兵庫コース、滋賀コースがあります。


浄瑠璃寺周辺では、無人の野菜販売所での買い物も楽しみです
●JTB旅物語の「吉田さらさの ふわり見仏紀行」の詳細はこちらです。
参加申し込みは、JTB旅物語のホームページをごらんください。

●今回のコースの魅力について詳しく書いたわたしの著書はこちらです
「奈良 寺あそび 仏像ばなし」

●「神社、寺めぐり」では、毎月2回、メールマガジンを発行中です。ガイドが最近旅した時のエピソードなどを添えたコラムや、今後、取材する予定の神社やお寺の情報をお届けします。購読を希望される方は、下記よりお申し込み下さい。

「神社、寺巡り」メールマガジン申し込み、バックナンバー一覧(※停止中)

たくさんの方の申し込みを心よりお待ちしています。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。