別所温泉には、
外湯が三つあります

真田幸村ゆかりの石湯
歴史の古い別所温泉には、昔から人々に親しまれてきた外湯(共同浴場)が三つあります。どの浴場も、たったの150円で入れるので、お寺めぐりの合間に一風呂浴びるのも楽しいです。

石湯、大師湯、大湯。三つとも、それぞれに歴史的な物語を秘めています。

石湯は、「真田幸村公隠しの湯」。入り口前にある石碑の文字は、大河小説「真田太平記」を書かれた池波正太郎さんです。

大師湯は、北向観音を開いた慈覚大師円仁にちなむものです。円仁さんが北向観音を建てる際に、好んで入浴した、という言い伝えがあるそうです。
慈覚大師円仁ゆかりの大師湯

大湯は木曾義仲が愛妾、葵御前を連れて湯治に来た湯とされます。
義仲が「葵、もうそろそろこの湯にも飽きたであろう」と尋ねると
葵さんは「いえ、殿と一緒なら飽きるなどということはございません」と答えたとか。
いよっ、うまいね、男殺しのセリフだね!
木曾義仲と愛妾葵御前の色っぽい伝説のある大湯

木曾義仲の彼女と言えば、供に闘った巴御前が有名ですが、葵さんも、負けじと義仲に同行したんですね。いよっ、憎いね、この色男!と言いたいところなのですが、京都に行った義仲さんは、司馬遼太郎さんの「義経」を読むと、人はいいけど粗暴な田舎者、みたいに描かれています。かなり強引に公家のお姫様も側室にしたりして、ちょっといただけない面もあるようです。

蕎麦はそば久に決まり

そば久の蕎麦は、石臼でそば粉から挽いている。美味しいお蕎麦に感謝!
さて、信州でお昼を食べようと思ったら、第一選択は当然蕎麦です。別所温泉にもいくつか蕎麦屋さんがありますが、今回は、常楽寺の近くの「そば久」というお店を選びました。他の店には行ったことがないので、ここが別所一美味しい蕎麦屋さんかどうかはわかりませんが、ともかくわたしは、ここの手打ち蕎麦は素晴らしいと思いました。

てんぷら付きがお勧めと書いてあったのですが、そのてんぷらもからっと揚がっていて、たいへん美味しかったです。お蕎麦の量がかなり多かったのですが、あっという間に完食し、「美味しいものを食べさせてくれてありがとうございます」と、お店の人への感謝の念が湧いてきました。こういう気持ちにさせてくれる食べ物屋さんは、めったにないように思います。

わたしはもともとがうどん派で、蕎麦に関するウンチクを語るおじさんたちを、微妙に舐めている部分がありました。しかし、今回の信州旅では、「本当に美味しいお蕎麦とはどういうものか」を学ぶことができました。信州で蕎麦を食べたら、東京の有名蕎麦屋にありがちな「気取っているだけで量は少なく、やたらと高い」だけの蕎麦なんぞ食えるかい、と、にわかウンチクを語ってみたりして。

そば久の情報はこちらです


北向観音の近くで買える厄除け饅頭。軽くていくらでも食べちゃいそうです
大事なお知らせ!
●わたしが企画してご案内するJTB関西の旅物語「吉田さらさのふわり見仏紀行」
ただいま参加者募集中です。
コースなどの詳細は、こちらをごらんください。

●「神社、寺めぐり」では、毎月2回、メールマガジンを発行中です。ガイドが最近旅した時のエピソードなどを添えたコラムや、今後、取材する予定の神社やお寺の情報をお届けします。購読を希望される方は、下記よりお申し込み下さい。

※現在停止中※
「神社、寺巡り」メールマガジン申し込み、バックナンバー一覧

たくさんの方の申し込みを心よりお待ちしています。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。