別所温泉は
信州の鎌倉

信州上田の別所温泉は、国造や国府の所在していた古代から、庶民の安息療養の場所であったと言われます。湯の質がたいへんよいことから霊験あらたかな温泉とされ、やがて、仏教の霊場としてのお寺もできました。"七久里の湯"と呼ばれ、平安時代の有和歌集にもその名をとどめているそうです。
趣あるお寺が多い別所温泉周辺。これは萱葺き屋根が美しい常楽寺の本堂

鎌倉時代には、北条氏の居館である塩田城にも近いことから、北条一族がよく湯治に来たとも言われます。別所温泉は「信州の鎌倉」と呼ばれますが、その理由は単にお寺が多いだけではなく、鎌倉の支配者である北条氏にかかわりが深い、という意味もあるようです。

まずは徒歩でいけるお寺から

別所温泉のレトロな駅舎。鉄道マニアの方々にも愛されているうようです
別所温泉は、上田の駅から上田電鉄の別所線というローカルな電車で行きます。途中に開ける塩田平という盆地の風景がなんとものどかで素敵な電車です。

わたしは、基本的にお寺には歩いて行くのが好きですが、京都、奈良、鎌倉以外では、公共の交通機関が充実していないため、なかなか難しいです。しかし、別所温泉には、歩いて行ける範囲に魅力的なお寺が複数あります。

別所温泉は典型的な昔ながらの温泉街なので、町のあちこちに古くからの立ち寄り湯もあります。昔懐かしい温泉饅頭や塩羊羹を売る店やひなびた食堂、絶品の信州蕎麦のお店などもあります。秋の1日、湯ったりのんびり、温泉とお寺めぐりを楽しんでください。

●別所温泉の情報はこちらにあります

始めのお寺は境内に温泉も湧き出す北向観音です。なぜ北向という名前なのかは、次のページをごらんください