土方歳三は、この地の出身です

土方歳三の銅像は、境内に入ってすぐの左手にあります(写真提供 高幡不動尊金剛寺)

新選組は幕末の京都で活躍しましたが、もともとは、このあたりの出身の人が多いです。近藤勇は現在の三鷹市、土方歳三は現在の日野市。つまり、この寺の近くです。

土方家はもともとこの寺とゆかりが深く、そのためこちらにも、新選組関係の資料や展示物が数多くあります。境内には、土方歳三の銅像もあります。新撰組にはファンが多く、中でも土方さんは、知的なイケメンとして女性に人気があるため、これが目的でやってくる若い女性も多いようです。

新選組祭り

5月11日は土方歳三の命日。なので、毎年5月に、日野市では、新選組祭りが行われます。高幡不動尊の土方像の前でも供養が行われます。また、日野市には、土方歳三資料館や、お墓のある石田寺もありますので、新選組ファンの方には、ゆかりの地を巡る1日ツアーもお勧めです。

若い人が多数参加する新選組祭りの様子。実際に、新撰組の面々は若かった(写真提供 高幡不動尊金剛寺)


●土方歳三記念館のホームページはこちら
子孫の方が運営しておられ、歳三さんのキャラクターグッズの販売もあります。


●東京のお寺巡りに関する情報は
「お江戸寺町散歩」もごらんください。

●「神社、寺めぐり」では、毎月2回、メールマガジンを発行中です。ガイドが最近旅した時のエピソードなどを添えたコラムや、今後、取材する予定の神社やお寺の情報をお届けします。購読を希望される方は、下記よりお申し込み下さい。

※現在停止中※
「神社、寺巡り」メールマガジン申し込み、バックナンバー一覧

たくさんの方の申し込みを心よりお待ちしています。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。