「お葬式には何度も参列しているから心配なし」と思っているあなた、ちょっと待って!そのマナーで本当に大丈夫?数珠をバッグから無造作に出したり、香典袋をビニール袋から出すようではまだまだですよ。基本的な弔問マナーをおさらいしておきましょう。


▼もくじ




弔問時の服装

アクセサリーを付ける場合には一連の真珠のネックレス程度に
アクセサリーを付ける場合には一連の真珠のネックレス程度に
【訃報を聞いた直後の訪問では】
訃報を聞いた直後、取り急ぎ駆けつける場合は落ち着いた感じであれば普段の服装でかまいません。「準備していました!」とばかりに喪服を着ていくほうがマナー違反になります。

【通夜の服装】
通夜の服装は本来は喪服でなく、紺やグレーなどの地味な服装をするものとされていました。現代では儀式化しているので喪服着用の人が多くなりましたが、黒か地味な色のスーツでもかまいません。女性のストッキングは基本的に黒がベターですが、あらかじめ準備していた印象にならないように「肌色にするべき」という人もいます。

【葬儀・告別式の服装】
葬儀・告別式に参列するときは喪服を着ることが多いですが、ない場合には全身黒一色で統一します。光沢のある素材や透ける素材、肌の露出が多い服は好ましくありません。もちろんサンダルやミュールもダメ。また、遺族よりも格式の高い礼服の着用もNGです。メイクは薄くし、アクセサリーは結婚指輪以外は付けないのが原則ですが、つけるなら一連のネックレス程度にしておきます(二連は「不幸を重ねる」という意味になり×)。バッグや靴は光沢や金具がついていないものにします。

次ページでは香典についておさらいしましょう。