真冬のお葬式の寒さ対策、服装はどうする?

真冬のお葬式の寒さ対策、服装のマナーは?

冬のお葬式の服装マナー、Q&Aでお答えします

冬になると通夜・葬儀時の服装についての質問が多くなります。「マナー本には基本的な情報は書いてあるけど、暑い時期や寒い時期の服装についてはどうすればいいの?」とお困りの方も多いはず。

通夜・葬儀の服装の基本的なマナーと併せて、冬のお葬式の服装についてお話します。

【INDEX】
■お葬式の服装マナーの基本
■真冬のお葬式、服装マナーのQ&A

通夜の基本的な服装マナー(遺族)

女性の場合、アクセサリーはつけないほうが無難です。1連の真珠のネックレスならOK。2連は不幸を重ねるという意味にとられることもありますので×。
女性の場合、アクセサリーはつけないほうが無難です。1連の真珠のネックレスならOK。2連は不幸を重ねるという意味にとられることもありますので×。
黒の礼服を着用します。男性は黒ネクタイ、黒靴下、白のワイシャツを。

女性は薄化粧にし、結婚指輪以外のアクセサリーは極力控えます。1連の真珠かイヤリング程度ならOKとされています(両方つけるのは好ましくありません)。

喪主にあたる男性がモーニングを着用している場合もありますが、本来モーニングは夜着用するものではありません。

女性が和装をする場合には、黒の喪服または、縞か無地の着物で黒の帯、小物も黒に統一します。


通夜の基本的な服装マナー(参列者)

通夜の場合は、訃報を聞いて「とり急ぎ駆けつけました」というケースもありますので、平服でもかまいません。

仕事先から慌てて駆けつけてきたという状況で喪服を着ているのは、かえって不自然なこともあります。その場合は遺族や他の参列者に不快感を与えないためにも、できるだけ地味な身なりになるように工夫しましょう。

あらかじめ通夜へ参列することがわかっているのであれば、喪服もしくはそれに代わる服装を準備しておきます。

■参考:通夜の参列する際の服装


葬儀・告別式の基本的な服装マナー(遺族)

黒の礼服を着用。その他注意事項は通夜と同じ。

喪主にあたる男性が正装する場合はモーニングを着用します。タイピンはつけず、カフスボタンはできるだけ光る素材が入っていないものにしたほうが良いでしょう。

女性の場合は一越のちりめんか黒羽二重に5つの家紋付を着ます。草履は布製のものが正式とされています。

葬儀・告別式の基本的な服装マナー(参列者)

準喪服か略喪服が適当とされていますが、地味な服装なら喪服でなく平服の場合もあります。

女性は薄化粧にし、結婚指輪以外のアクセサリー等を控える点は通夜の場合と同じです。

■参考:お葬式(告別式)に参列するときの服装

喪服がない場合にはレンタルできますので、葬儀社に問い合わせてください。和装で家紋を入れる場合の対応もしています。

次ページではいよいよ通夜・葬儀の服装『応用編』、真冬の寒さ対策についてQ&A形式でご紹介します。