博多弁・実践講座~Part2~福岡Yahoo!ドーム編

ホークス勝利後のルーフショー。勝利の花火の後は光りのイルミネーション。
今までの博多弁講座は、語尾の表現方法や簡単な単語などの初級編。標準語の文面を見てもらうと殆どお分かりになったと思います。ここからはちょっと難しくなってきます。早速、見てみてみましょう。

博:今日はドームで野球あるけん、見に行こう。

(今日はドームで野球があるから、見にいこう)


東:いいね!すごく楽しみ。

博:はよ行こうか!歩いてすぐ着くけん。

(早く行こうか!歩いてすぐ着くから)


東:今、ホークスは何位?

博:今は3位なんよ。昨日もしゃばか試合で負けたもんね。

(今は3位なんだ。昨日もつまらない試合をして負けたから)


東:じゃ、球場に行こう。今日は俺もホークスファンになるから。

博:嬉かね~。アズマはホークスの選手、しっとうと?

(嬉しいな。アズマはホークスの選手、知っているの)


東:ごめん、あんまり知らないんだ。小久保くらいかな~。

博:よかよか!試合中に教えたるけん。

(いいよいいよ!試合中に教えてあげるから)


東:チケットはあるの?

博:席はとっとーけん、大丈夫。

(席は取ってるから、大丈夫)




皆さん、理解してますか? そしてドームに着いて試合観戦中のひとコマ。


博:今日も負けよう。やおいかんばい。

(今日も負けてる。うまくいかないな)


東:でも終盤にはホークスは上位にくるから大丈夫じゃない?

博:ばってんがくさ、今年は故障者が多かけん心配なん。今はこらえんば。

(しかしながら、今年は故障者が多いから心配だ。今は我慢しないと)


東:それにしてもお客さん、いっぱい入っているね。

博:そやろ~。福岡の人はちからっぱホークス好いとうもんね!

(そうだろう。福岡の人は本当にホークスが好きだからね)


東:殆どホークスファンだよね。

博:そうたい。福岡にはのぼせもんが多かけんね。

(そうだよ。福岡には夢中になる人が多いからね)


東:あっ!ビールを売りに来た。

博:俺のはもうのうなっとけん頼も。アズマの分も頼もうか。

(俺のはもう無くなったので頼もう。アズマの分も頼もうか)


東:ありがとう。

博:あいた!そういえばこまかとがなか!アズマ、1万円こままる?

(しまった!そういえば細かいのが無い!アズマ、1万円両替できる?)


東:俺が出すからいいよ。
博:すまん。

東:あっ、小久保が打った!!

博:あちゃ~、なんば捕るとや、きしゃん!つやこいて。腹かくね。

(あちゃ~、なんで捕るんだよ、お前、格好つけて。腹立つね。)


東:いやぁ~、本当にいい当りやったのに。惜しかったね。

博:まちっとすごか当りやったら良かったとに、はがいかね~。

(もう少し凄い当りだったら良かったのに、悔しいね~)




ドーム内は博多弁のオンパレード。応援する掛け声も博多弁が。熱くなりますよ。
ここでは博多弁の代表的な単語や言い回しの言葉が出てきています。ちょっと難しくなっているかと思いますが、いかがでしょうか? それでは博多弁の単語も含め、それぞれの意味を以下の通りご説明します。これを読めば、なんとなく博多弁を使えるようになるのではないかなぁっと思います。

●しゃばい    :情けない、しょうもないなどの意味  
●~もん      :「~だろうが」という否定的な意味を込める時に使う
●しっとうと    :「しっとう」+「と」の複合体、しっとう=知ってる、と=疑問 
形で「知ってるの?」となる
●とっとーけん  :「とっとー」+「けん」の複合体、とっとー=取ってる、けん 
=だからで「取ってるから」となる
●やおいかんばい:上手くいかない、順調ではないの意味
●ばってんがくさ :だけどねの意味
●こらえんば    :我慢しなければの意味
●ちからっぱ    :力いっぱいの意味、精一杯と同義語
●好いとう     :好きの意味
●のぼせもん    :夢中になる人の意味
●のうなっと     :「のうなる」+「と」の複合体、のうなる=なくなるにとが 
付いてなくなっているの強調されたもの
●あいた       :しまったの意味
●こまかとがなか  :「こまかと」+「なか」の複合体、こまかいのないの意味
●こままる      :両替するの意味
●きしゃん      :おまえの意味
●つやこいて     :格好つけるの意味
●腹かく       :怒るの意味、同じ意味の表現で「ぐらぐらこく」もある
●まちっと      :もう少しの意味
●すごか       :すごいの意味
●はがいか     :悔しいの意味


皆さん、いかがでしたか? だいぶ難しかったんではないでしょうか。上の文面には博多弁の単語が幾つか出てきています。単語1つだけが出てきては一体何のことやらと思いますが、文書の中で見ると少しはお分かりになったのではないかと思います。



次のページでは博多弁講座を開催します。>>>