100年以上変わらない味わいを守り続ける「水月」

 

 

住宅街にひっそりとたたずむ「水月」は創業が明治38年。なんと博多水たき発祥のお店です。初代料理長は単身で香港に渡り、英国の家に住み込んだことから、西洋料理のコンソメと中華料理の鶏を炊き込むことをヒントに作り上げたのだ水たきの始まりだそうです。

スープは澄んだ透明感のあるコンソメ仕立てになっており、厳選した鶏肉はプリプリとした食感。まずはじっくりと焚き上げたスープのみをお塩と小ネギをトッピングしいただきます。

野菜には甘みのでるキャベツを使っており、ポン酢と柚子胡椒でいただけば、爽やかな風味が深みのあるスープにベストマッチ。ついつい食べ過ぎてしまってもとてもヘルシーなのも嬉しいですね。

毎年4月~8月まで期間限定の水たき鍋コースがあります。通常のコースよりもリーズナブルなのではじめて訪れる方や水たきだけを堪能したいという方にもおすすめです。

通常コースには水たきのほか小鉢や鳥刺しなどが付きます。100年以上変わらない味わいを守り続ける水月の水たき。気になる方は是非お立ち寄り下さい。

■水月
住所:福岡市中央区平尾3丁目16-14
料金:元祖博多水たき鍋コース:4700円(期間限定)、元祖博多水たきAコース:6700円、Bコース:5700円他
営業時間:17:00~22:00
公式HP:http://www.suigetsu.co.jp/index.html

※データは記事公開時点の情報です