乳頭温泉郷は、日本一有名な秘湯 鶴の湯温泉 で知られる秋田県山間部の秘湯です。乳頭温泉郷の付近一帯には、広葉樹の原生林が広がっており、素晴らしい紅葉が観賞出来る温泉地でもあります。10月中旬から下旬にかけての紅葉狩りは、乳頭温泉郷がお勧めです!原生林といっても、普段は普通の森にしか見えないものです。しかし、まさに錦秋という状態の紅葉を見ると、感動を覚えずには居られません。

今回は、乳頭温泉郷で最も高台にあり、紅葉が最も早い黒湯温泉と、川沿いに位置して、紅葉狩りに最適な妙乃湯温泉の紅葉の様子を紹介します!

なお、黒湯温泉に隣接して、一層素朴な秘湯風情の 孫六温泉 の紅葉については、別の記事を参照願います。

黒湯温泉で秘湯と紅葉を満喫!

黒湯温泉
黒湯温泉の混浴露天風呂。紅葉時期が素晴らしいのは確かだが、本当のお勧めは、裸電球に照らされた夜の秘湯風情。是非、宿泊して堪能したい。

黒湯温泉
日帰り入浴可能な日中は、ご覧のような混雑ぶり。自分が泊っている宿の人気を目の当たりにするのは、決して悪い気分ではない。宿泊者は入浴を後回しにして、紅葉と秘湯情緒をじっくりと満喫したい。
乳頭温泉郷の中で、鶴の湯と同時に、真っ先に名前が挙がるのが黒湯温泉です。その歴史、お湯、風情、あらゆる面で、多くの人の支持を得ているからこそに違いありません。黒湯のみ冬は休業ですが、別に秋に限らず、いつ来ても素晴らしい秘湯に間違いありません。

ガイド自身、乳頭温泉郷には季節を変えて、一年に何回も訪れますが、当然秋も行きます。私の頭の中では、秋と言えば乳頭温泉郷を思い出す程なのです。もちろん、素晴らしい紅葉を安定的に見ることが出来るからですが、その秘密は、ここの地形にあると思われます。

黒湯温泉
山懐に抱かれた黒湯温泉。これぞ日本の秘湯という、素朴な湯治場情緒に溢れている。
ガイドが昔から良く行く紅葉狩りスポットは、長野県の松川渓谷。紅葉の名所として知られた、七味温泉から五色温泉、山田温泉一帯の渓谷です。

松川渓谷も乳頭温泉郷も、山の南斜面を観賞するという共通点があります。南斜面ですから、太陽の日差しを浴びて紅葉も輝きますし、北風を直接受けて、あっという間に枯れてしまうということも少なく、安定して美しい紅葉を観賞出来ると考えられるのです。

また、松川渓谷も乳頭温泉郷も、付近に温泉が多く、標高差もあるので、当初目的の温泉の紅葉の色付きが期待と違っても、別の場所が良好な場合があるのです。

このように絶好の紅葉狩りの条件を満たした場所が、日本を代表する秘湯地帯なのですから、温泉好き紅葉好きには、最大級のお勧めスポットと言えます。

■交通アクセス情報
  • 黒湯温泉
  • 住所 秋田県仙北市田沢湖生保内字黒湯沢2-1
  • 電話 0187-46-2214
  • 日帰り入浴 9:00~16:00 500円(4月中旬~11月上旬の営業)
  • 秋田空港、花巻空港から車で約1時間30分
  • Yahoo!地図

→次ページでは、紅葉狩りに最適な妙の湯温泉を紹介します!>>>