「北海道ホテル」のモール温泉

モール温泉といえば帯広。帯広といえば、森のスパリゾート 北海道ホテル。北海道ホテルは、シティホテルを代表する名湯です!日本には一流のシティホテルが多数ありますが、温泉を備えている所はごく僅か。帯広市の北海道ホテルは、そうした貴重な一軒でガイドも愛用の宿です。

北海道ホテル 夕食
北海道ホテルの大満足のディナーは、3ページで紹介!
シティホテルですから、客室やレストランなどの施設が整っているのは当然です。さらに、温泉泉質の面でもすべすべの美人湯で、素晴らしいモール泉は北海道遺産にも指定されている程。これだけ素晴らしいのに、料金もリーズナブルでガイドついつい愛用してしまう訳です。最早、日本を代表するシティホテルの名湯と言っても過言ではありません!

北海道ホテルは、オイルのようなすべすべ感の強いモール泉の名湯!

北海道ホテル 露天風呂
良質なモール泉の名湯が満たされた北海道ホテルの露天風呂。十勝の空気を感じる露天は気分爽快。

北海道ホテル 内湯
内湯はミニクアハウス的な形式で多彩な浴槽が揃う。ただし、気泡風呂は循環式。
モール泉をご存知でしょうか? モール泉は温泉分析表上の泉質名称ではありません。分析表では、単純泉か、含食塩重曹泉に分類されていることが多いですが、そうした泉質がすべてモール泉という訳ではありません。褐色の湯で植物性の有機物を含んでいることと、ドイツのモール浴という入浴法から、このように呼ばれます。

北海道の十勝川温泉が特に有名なことから、北海道遺産にも選定されており、温泉愛好家の間でも特に人気のある泉質の一つです。帯広市は十勝川温泉に近いこともあり、じつは良質な温泉が湧く温泉都市で、北海道ホテルの温泉も良質なモール泉です。

お湯に浸かってすぐに、サラダオイルが混入しているかのような、すべすべ感の強さを感じました。すべすべする湯はそれだけで美肌の湯として女性に人気があるのですが、男性にとっても、実に気分良く入浴出来る泉質です。加熱のせいか、お湯自体の香りがほとんど感知出来ないのは以前のままですが、すべすべ感だけで十分に満足出来ます。

内湯は、以前は細かい湯の花が沢山浮遊していて驚いたのですが、今回は湯の花が見当たらず一旦心配したものの、その心配は無用でした。露天風呂で、以前と同様の湯の花を発見してひと安心。湯の花は源泉をろ過せずに、そのまま投入していることの証明ですので、温泉好きにはとても大切な要素なのです。

→次ページでは、緑の木立に囲まれたホテルの、極上の滞在感の理由を紹介します!>>>