足元湧出温泉は、湯船の底から源泉が自噴する究極の温泉。全国的にも希少な足元湧出温泉が多数ある温泉として、温泉好きの間で有名なのが、鳥取県の三朝(みささ)温泉です。

足元湧出温泉の木屋旅館の夕食
足元湧出温泉を持つ、木屋旅館の目でも楽しめる料理は、次ページで紹介。
三朝温泉は、源泉温度42度以上の高温泉としては、日本一のラジウム泉としても知られ、適度な塩分濃度で入り心地も抜群の名湯。川沿いの落ち着いた風情の温泉街で、ガイドが昔から好きな温泉地でもあります。

お湯自体がラジウム泉の名湯で、しかも温泉として究極の足元湧出温泉ですから、これ以上の絶好な組み合わせはありません!温泉好きなら必ず行っておきたい、三朝温泉の足元湧出温泉を持つ宿を、厳選して紹介します。

なお足元湧出温泉は、足元自噴とか足下湧出と記述される場合もありますが、当サイトでは、温泉レポートガイドの郡司さんの著書で広まったと思われる「足元湧出温泉」に統一します。

足元湧出温泉の天然巌窟の湯!旅館大橋

足元湧出温泉の巌窟の湯
三朝温泉を代表する足元湧出温泉の大浴場、巌窟の湯。上の湯、中の湯、下の湯がある。

足元湧出温泉宿の外観
足元湧出温泉を持つ桶屋旅館から、旅館大橋を望む。
足元湧出温泉は源泉自体が湯船になっている温泉の中の温泉です。温泉が多い日本でも数が少なく大変に貴重な存在。その全国的にも貴重な足元湧出温泉が、三朝温泉には何軒もあるのが驚きです。なかでもスケールの大きく、三朝温泉の足元湧出温泉の代表格といえるのが、旅館大橋です。

旅館大橋の足元湧出温泉の巌窟の湯には上の湯、中の湯、下の湯の三つの湯船があり、それぞれ底の岩の割れ目から源泉が泡とともに湧出しています。昔は川底だったというだけあり、内湯とは思えないダイナミックな浴場です。生まれたての源泉に浸かるだけでも温泉好きとして、これ以上ない喜び。しかも、名湯として名高い三朝温泉のラジウム泉を堪能出来るのですから、温泉好きなら必ず行きたい名物浴場といえます。

足元湧出温泉の巌窟の湯は一つしかありませんので、男女交代になります。以前は日帰り入浴が可能な時間帯は男湯でしたが、リニューアル後は女湯になってしまいました。その時間に男湯になっている露天風呂に、リニューアルによってホルミシスサウナが付きました。ラジウム泉の人体への効果がホルミシス効果と呼ばれることから、温泉ミストサウナをこのように名付けたようです。温泉によっては、湯の香りが強すぎてミストサウナが辛いこともあるのですが、三朝温泉の湯は無臭なので快適。一度入ると出たくなくなる心地よさで、大変に気に入ってしまいました。

宿は日本建築の粋を集めた伝統的なもので、国の登録有形文化財に指定されています。料理も「現代の名工」に認定された総料理長の創作料理。料理なのに名工というのが不思議ですが、これは「卓越技能者」の意味。温泉はもちろん、建築も料理も最高のものが揃っています。ホームページには、「カップルプラン」や期間限定の「お試しプラン」などの宿泊プランもあり、超一流旅館にリーズナブルに宿泊できます。
足元湧出温泉の巌窟の湯
昔は川底だったというだけあり、内湯とは思えないワイルドな巌窟の湯。上の湯はトリウムが豊富な珍しい湯。

■交通アクセス情報
  • 旅館大橋
  • 住所 鳥取県東伯郡三朝町三朝302-1
  • 電話 0858-43-0211
  • 日帰り入浴 15:00~21:00 1,000円(巌窟の湯は女湯)
  • 鳥取空港から車で約1時間
  • Yahoo!地図
→次ページ以降、三朝温泉の足元湧出温泉宿をさらに二軒紹介します!>>>