信玄の隠し湯と呼ばれる山梨県の温泉は、体温以下の温泉が多く、冷たい源泉と加熱した温泉に交互に入ります。暑い夏こそ冷たい源泉の有難さが良く分かる、お勧めのシーズン。武田信玄の隠し湯と伝えられる温泉が多い、山梨県の歴史的名湯で、夏バテも解消です!

足元湧出の岩風呂!下部温泉 本湯大市館(だいいちかん)

本湯大市館源泉岩風呂
本湯大市館の岩風呂は洞窟風の荘厳な雰囲気。湯船自体は木造で足元自噴の名湯。混浴ではないので、落ち付いて温い湯を堪能できる。

本湯大市館外観
湯治場情緒を漂わせる下部温泉街の中でも、ひときわ風情を感じさせる本湯大市館の外観。内装も外観からイメージする通りの瀟洒なもの。
武田信玄の隠し湯と呼ばれる温泉は、数多くありますが、その代表格がこの下部(しもべ)温泉です。武田信玄自身も湯治に訪れたと伝えられるように、昔から湯治効果抜群の温泉として知られ、今も湯治場情緒を色濃く残す、落ち着いた雰囲気の温泉です。

その下部温泉の温泉街中心部にあるのが、本湯大市館です。下部温泉でも数少ない、足元湧出の岩風呂を持つ宿として知られています。源泉が岩風呂になっており、自噴した源泉の湯に直接浸かることが出来るのです。源泉温度は30度程ですが、夏の暑い時期であれば、気持ちが良い温度。長湯して寒くなったら、奥にある加熱浴槽で温まることも出来ます。生まれたての源泉に、洞窟風の荘厳な雰囲気の中で浸かっていると、心底癒される気がしてきます。

岩風呂は湯治の為の風呂ですので、浸かるのみで体を洗うことは出来ません。体を洗う為の小浴場が別にあり、こちらは循環しているようでした。他に宿泊者専用の貸切露天風呂もあります。男性のみや団体、中学生未満は受け付けていない宿としても知られており、女性を中心とした大人向けの宿ということが出来るでしょう。

本湯 大市館はその後 2008年より、くつろぎの宿 裕貴屋となっています。

■交通アクセス情報
  • くつろぎの宿 裕貴屋
  • 住所 山梨県南巨摩郡身延町下部48
  • 電話 0556-20-3130
  • 日帰り入浴 11:30~14:00 1,200円(1,2時間以内。混雑時、満館時は不可。要事前連絡)
  • 中央道八王子ICから車で約2時間
  • Yahoo!地図

→次ページでは、歴史的湯治場の名湯を紹介します!>>>