高校入試の多くは、1月から3月の間に行われます。入試直前になって慌てないため、そして志望校絶対合格のため、早めに傾向と対策は受験対策の大前提です。そこで、入試までの主なスケジュールについてまとめてみました。

<目次>
・高校入試までの主なスケジュール
ココから差がつく、夏休みの過ごし方
次は、後半戦。勉強の秋の過ごし方
受験モードへ!冬休みの過ごし方
ラストスパート!1月~3月の過ごし方

高校入試までの主なスケジュール

入試の基本はスケジューリングから始まります
私立高校と国立高校の入試時期は、1月中旬から2月中旬ごろまでに行われる傾向にあります(各高校が独自に入試を行いますので、詳しい日程については各高校の募集要項を確認してください)。私立と国立の高校を併願することはできますが、入試時期の関係もあり、国立と公立の高校を併願することはできない地域もあるので要注意です。

公立高校の入試の時期は、それぞれの自治体(都道府県など)によって異なり、例えば東京都平成18年度入学者選抜試験は2月23日(木)、愛知県では3月9日(木)でした。公立高校の一般入試は、2月下旬から3月中旬ころまでに行われますが、これも各都道府県によって異なります。入試前年11月頃に発表される募集要項を確認してくださいね。

以上の入試を含めた、高校受験の1年をまとめてみました。それぞれ地域によって異なりますが、代表的なスケジュールです。
時期 主なスケジュール
8月下旬 進学塾模擬試験(夏期)
10月~11月 高校の学校説明会
11月~ 入試要項(生徒募集要項)発表
12月上旬 公立中学校2学期末テスト
12月下旬 進学塾模擬試験(冬期)
1月中旬 公立中学校学年末テスト
1月~2月 私立高校一般入試
2月 国立高校一般入試
2月~3月 公立高校一般入試

4月~7月:定期テスト中心の勉強を心がけよう

この時期は部活動もあり、また受験までの期間が長いので、受験への意識があまり高まりません。あまり受験を意識しすぎずに、むしろ部活動への積極的参加や学校の定期テストに重点を置いた勉強を心がけさせましょう。なぜなら、高校受験では知識だけではなく、体力も集中力も必要だからです。

■するべきこと
・部活動の充実
・学校の定期テストの重視

>>ココから差がつく、夏休みの過ごし方>>