渋谷幕張、渋谷渋谷共に「自調自考」が教育目標。
早稲田の系属中2校(早稲田・早稲田実業学校)研究」「慶應義塾の附属中3校(普通部・中等部・湘南藤沢)研究」に引き続き、今回は共学の人気校、同一学校法人の渋谷教育学園幕張中学校(以下、渋谷幕張)と渋谷教育学園渋谷中学校(以下、渋谷渋谷)を徹底比較研究します。

渋谷教育学園幕張中学校(共学校)

■所在地:千葉県千葉市美浜区若葉一丁目3番地

■創立年:1983年(昭和58年)

■中1生徒数:男子213名 女子81名 9クラス(男女比7:3)

■高校募集人数:高校では約50名募集(帰国含む)。中入生は高校外部生とは3年間別クラス

■教育理念・校風:自らが調べ、考えるという意味の 「自調自考」、「高い倫理観」、「国際人としての資質を養う」の3つが教育理念であり、自主性重視のリベラルな校風。

■教育の特徴:高2の夏休み明けに、「自調自考論文」という卒業論文のようなものの提出が義務づけられています。生徒はそれぞれ、自分が最も興味を持っている事柄について研究し、論文にまとめます。また優秀作品は本として納品される。

月に一度程度、校長が生徒に語りかける「校長講話」が行われており、生徒にとても人気。内容は学年の発達段階に合わせてそれぞれ違ったテーマで語られる。

学期の始めに「シラバス」と呼ばれる冊子を全生徒に配布。この冊子は教科ごとに、1年間で学習する内容と計画が細かく書かれたもので、家づくりに例えるならば設計図にあたり、これを最初に採用した中高一貫校として有名。
国際教育にも力を入れており、第二外国語として中国語・フランス語・スペイン語・ドイツ語・ハングル語の講座を希望者対象に開講。

渋谷教育学園渋谷中学校(共学校)

■所在地:東京都渋谷区渋谷1-21-18

■創立年:1996年(平成8年)

■中1生徒数:男子92名 女子112名/6クラス、渋谷幕張とは反対に女子比率がわずかに高い

■高校募集人数:なし(完全中高一貫校)

■教育理念・校風:渋谷幕張と同様に「自調自考」。自己管理能力を養成するためにノーチャイム制を実施。また、一人ひとりにプライベートロッカーを与えるのはもちろん、パウダールームも完備と女子生徒にやさしい校風。

中高6年間を2・2・2の3ブロック制にして、教室も2学年ごとが同じフロアに配置。

■教育の特徴:渋谷幕張同様に高2夏休み明けまでに「自調自考論文」という卒業論文のようなものの提出が義務。優秀作品は本になる。「校長講話」も同様に生徒の人気。

授業は「シラバス」に則って行われ、英・数は中3で高校の内容に入り、少人数習熟度別授業が行われる。帰国生の1、2年次の英語は全て外国人教師による授業。
渋谷幕張同様に第二外国語として中国語・フランス語・スペイン語の講座を開講。ヴァイオリン、ヴィオラ、チェロなどを習う弦楽器講座もあり。

次ページは渋谷幕張、渋谷渋谷の「併設高校の進学実績について」徹底比較研究