ゴミにポイしちゃう、コーヒーかす。これって何かに使えないかな?と思って作ってみました。
寒~い外から帰って来たら、アツアツの淹れ立てコーヒーを飲みたくなるそんな時期ですね。

コーヒーメーカーやペーパードリップで淹れるコーヒーは美味しいけど、溶かすだけのインスタントコーヒーと違って、毎回ゴミが出てしまうのがつらいところ。

乾燥させたコーヒーかすは、脱臭効果に優れているので脱臭剤として使ったり、タバコの吸殻の匂いを消すために灰皿に入れたり、生ゴミの匂い対策として三角コーナーに撒いたり…肥料として植木鉢に撒いたりすることも出来る優れものです。そのまま捨てるのはもったいない!

コーヒーには酸化防止の効果もあるようで、刃物類のさび止めにも使えるそう。

今回は、コーヒーかすで作る簡単で可愛い『針刺し』を一緒に作りましょう!直径3,4センチの小さな針刺しはインテリアにもなりますよ!

材料

●乾燥させたコーヒーかす
●10cm四方ほどの布(ニット素材が良い)
●ペットボトルのキャップ(ふた)
●麻のひも(荷作り用のでOK)
●木工用ボンド
●輪ゴム
●両面テープ

布はトレーナーやTシャツなどの分厚い素材が良いです。色々試してみたところ、薄いサテン地のような生地だと、針を刺したり抜いたりしていると、生地に穴が開いてコーヒーかすがこぼれてきてしまいます。着れなくなったトレーナーでリメイクするのも良いと思います。(黒・灰色の針刺しは子供の着古したトレーナーから切り取ってリメイクしました。

麻ひもは、100円ショップで3個105円のものを使っています。

図解つき作り方

(1)まずペットボトルのキャップの底(丸い部分)に両面テープをまんべんなく貼りつけ、そこに麻ひもでグルグルと渦巻き状に巻いていきます。
(2)底が巻き終わったら、側面に両面テープをグルッと1周貼り付け、そこにも麻ひもを巻いていきます。

左の親指で押さえながら、右手で少しヒモを引っ張りながら巻きつけていくと、隙間なく巻けます。

次のページに続きます>>