お掃除にはモッタリ~したジェルソープで

まるで「とろろ」のよう。もっと固く作って、スプーンですくって使うタイプにすることも出来ます。洗浄力は固いほど高いと思います。
リキッドソープは水分量が多いので、ひどい油汚れ等は落ちないこともあります。ひどい油汚れには、ジェルソープがオススメ!油でギトギトの換気扇も、ジェルソープをつけたスポンジや古歯ブラシなどでゴシゴシしたら、きれいになりますよ!

基本的にはリキッドソープの作り方と一緒。水分量を減らすだけです。好みのテクスチャのリキッドソープが出来たときは、水分量を記憶しておきましょう。水分量を約半分~1/3くらいにして、電子レンジでチンして溶かしてから放置してみましょう。

出来上がったら、ガスレンジの五徳や換気扇周りの部品など、油汚れ等がひどい物にジェルソープを塗り、タワシや古歯ブラシでゴシゴシしてみましょう。好みで、ボウルにジェルソープを入れ、必要なら水を足し、泡立て器でモクモクと泡を立ててから使ってもいいと思います。

洗顔フォーム等のチューブに入れて使うとニュル~っと出てきて便利ですよ!

■ジェルソープの使い道
・洗顔ソープとして
・ボディソープとして
・重曹を混ぜてクレンザー代わりに
・掃除全般に(家具や床などに使った場合は水ぶきで仕上げてください)

小さくなった石けんを上手に使いきる

小さくなった石けんは、なぜかカチカチで泡立ちが良くなくなると思いませんか?なぜかというと、泡立ちやすい柔らかな水分を多く含む部分は先に泡となって出て行ってしまい、水分等がなくなって固くなってしまうんです。

新しい石けんに、小さな石けんを練り付けて、くっつけてしまう、という簡単な方法もありますが、他にも使い勝手がよく最後まで使いきれる方法があります。

■電子レンジで加熱してフワフワソープに

500Wの電子レンジで30秒までと決めて加熱します。それ以上加熱すると焦げて臭いがすごいので気をつけて下さいね。電子レンジのガラスから眺めていると、小さい石けんがプク~っと膨らんで、生クリームみたいにふわふわになって、2~3倍くらいに大きくなります。

この石けん、軽~くなって泡立ちもよくなるので、2,3回使ったら、すぐなくなってしまい、最後まで使い切れますよ。

■汚れがひどい靴下の中に入れて洗濯機へ

汚れがひどくなってしまった靴下の中に、小さい石けんを入れて、洗濯機で通常通り回すと、とてもきれいになります。



・リキッドソープやジェルソープはお掃除や洗顔ジェルとして使うととても使い心地が良いです。固形石鹸よりも水分量が多いため、固形の純石けんで肌がカサカサする方は、リキッドやジェルで洗ってみては?泡立ちが悪い時は、100円ショップなどで販売されている、泡立てネットでモコモコの泡を立ててから洗ってください。

・リキッドやジェルは重曹を加えれば、研磨効果の穏やかなクレンザーのようになって、ゴシゴシ洗いたい場所にはすごく便利!石鹸も重曹も同じアルカリ性なので、化学反応で中和されてしまうこともなく、洗浄力抜群です。

ナチュラルクリーニング仲間の「酢」や「クエン酸」は混ぜないで下さい。酢やクエン酸は酸性なので、中和されて洗浄力が落ちてしまいます。あくまでも生活環境で生じる汚れは、アルカリ性で浮かして落とす場合が多いので、石鹸や重曹のアルカリ性が保たれるようにしてくださいね。

・もし時間が経って固まってしまった場合は、お湯を入れて再度溶かして使ってください。使っているうちに、時間が経っても固まらない濃度がわかると思います。色々楽しみながらお試しください。



■ご注意
・石鹸も使い過ぎれば、環境を汚してしまいます。少量を泡立てて使うことによって、環境に優しくなると思われます。適量を必要に応じて使うように心がけましょう。

・色々なオプションを入れる際は、入れすぎないように注意してください。かえって環境に悪い場合もあります。

・この記事は、ガイドの使用感に基づいて書いております。お子さんが使う場合、敏感肌の場合等は、精油の量やオプションの種類に注意してください。お肌に合わない場合は使用を中止してください。

・石けんは、ケーキみたいに美味しそうに見えてしまうものがあります。お子さんが食べたり飲んだりしないようにお気をつけ下さい。




【関連・参考リンク】
肌にも環境にも優しい純石けん洗顔のススメ(from,All About[エコ家事]ガイド記事)…お肌にも環境にも優しい純石けんでの洗顔法の紹介。石けんをこよなく愛すガイドの情熱の記事!ガイドのおすすめ石けんなども書きました。

庭の恵みで簡単クラフト ハーブ石鹸を作ろう!(from,All About[ガーデニング]ガイド記事)…ガーデニングのプロが、クラフト石鹸の作り方を伝授!蜂蜜やドライハーブを入れてお肌にも気持ちよさそう!

石鹸置き(石鹸箱)にたまった水は細菌だらけ! 肌のために固形石鹸は控えよう(from,All About[家庭の医学]ガイド記事)…汚れた手で触る固形石けんから出る石けん水は、菌が増殖してしまうそうです!怖いですけど必見。石けんはネットなどに入れましょう!

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。