シンデレラ城のモデル!? ドイツのノイシュヴァンシュタイン城

ノイシュヴァンシュタイン 白亜の城undefinedドイツundefined

絶好の撮影ポイント「マリエン橋」から見た城全景(C)yumikotsuboi

山の中にそびえ立つ、おとぎ話に出てきそうな真っ白なお城「ノイシュヴァンシュタイン城(Schloss Neuschwanstein) 」。ディズニーランドのシンデレラ城のモデルにもなったというこの美しいお城は、バイエルン王国の国王ルートヴィッヒ2世(1845~86年)によって建てられました。
ノイシュヴァンシュタイン 白亜の城undefinedドイツundefined

ディズニーランドのシンデレラ城のモデルにもなったという、ノイシュヴァンシュタイン城

こんな夢のようなお城を造ったルートヴィッヒ2世って、一体どんな王様だったのでしょうか? ここでは行く前に知っておきたいお城にまつわる話、見学に関する役立つ情報をご紹介します。

お城の歴史。ファンタジーの世界に生きたルートヴィッヒ2世

ルートヴィッヒ2世
ルートヴィッヒ2世の若かりし頃 © Bayerische Schlösserverwaltung
幼い頃から絵画や音楽を好んだルートヴィッヒ2世は、18歳という若さで、人生経験も政治経験もないまま国王の座につきます。18歳……彼はまだ若すぎました。プロイセンとの戦いに敗れて多額の賠償金を請求され、バイエルン王国は権威を失っていきます。芸術を心から愛し、中世の騎士伝説に強い憧れを抱いていた国王は、争いや政治という現実から逃避していき、次第に自分だけのファンタジーの世界に生きるようになります。昼間眠り夜に活動する、夜中に伝説人物の格好をしてそりに乗る、などという行動が、彼独自のファンタジー世界の一例でしょうか……。

現実逃避のための夢のお城

冬undefinedノイシュバンシュタイン城undefinedドイツ

その美しい佇まいから白鳥城とも呼ばれるノイシュヴァンシュタイン城。冬に雪をかぶった姿は幻想的

このファンタジーの傾向はどんどんエスカレートし、中世騎士道への憧れを具現化するために、また現実から逃避するために、ロマンティックなお城が造られました。それがノイシュヴァンシュタイン城です。ワーグナーの熱心なパトロンだったことでも知られるルートヴィッヒ2世。城内はワーグナーのオペラに出てくるモチーフを描いた壁絵でいっぱいです。

また中世の伝説を再現した部屋や洞窟(かなり怪しげな雰囲気です。王はここでよくワイングラスを傾けていたそうですが……)など、とにかく豪華でこだわった作り。ビザンチン、ゴシック、ロマネスクなど様々な様式が用いられ、彼の憧れとファンタジーを徹底して追求した世界が広がります。

お城の内部はびっくりするほどハイテクだった!

「中世」がテーマのノイシュヴァンシュタイン城。でもそれは見かけだけの話で、当時最新のテクニックが駆使され、かなり快適に生活できるよう作られていました。セントラルヒーティング、水道、お湯、水洗トイレ、電話、食事を運ぶためのエレベーターなどなど、19世紀の話とは思えないほど贅沢な装置満載です。ルートヴィッヒ2世、そんなに大金持ちだったのでしょうか??

王の終焉、お城は未完成のまま建設中止

ノイシュヴァンシュタイン以外にもお城をさらに2つ造らせ、しかもそんな豪華装置満載、こだわり抜いた内装で、お金が持つはずがありません。国家財政は圧迫、ルートヴィッヒ2世は精神病を宣告され、ベルク城に隔離されてしまいます。そしてその翌日、シュタルンベルク湖畔で、精神病の宣告をした医師と共に、水死体となって発見されたのでした……。

王の謎の死と同時に、ノイシュヴァンシュタイン城の建設は未完成のままストップ。他人は決して立ち入ってはならなかったという王の「自分だけの城」は、王の死から7週間後には既に一般公開され、2018年2月現在は毎年約140万人が訪れる、欧州で最も有名な城の1つとなっています。

ノイシュヴァンシュタイン城へのアクセス

お城行きのバス
お城へはバスでも行けます。 © Grandhotel Neuschwanstein GmbH
電車でまずフュッセン Füssenへ。ミュンヘン-フュッセンは約2時間。フュッセンからはバス「RVA / OVG 73」の「Steingarden(シュタインガーデン) / Garmisch-Partenkirchen(ガルミッシュ・パルテンキルヒェン)」行き、またはバス「RVA / OVG 78」の「Schwangau(シュヴァンガウ)」行きに乗り、「Hohenschwangau / Alpseestraße(ホーエンシュヴァンガウ / アルプゼー・シュトラーセ)」で下車。すぐ近くにツーリストインフォメーションがあるので、そこでマップをもらいましょう。お城までのルートが載っています。バスを降りてからお城までは、徒歩、馬車、バスの3通りの行き方があります。
ノイシュヴァンシュタイン 白亜の城undefinedドイツundefinedundefined馬車

馬車に乗ってお城へ向かうのもロマンチック(C)yumikotsuboi


■徒歩の場合は、山道を歩き約40分で到着。(季節のいい時はオススメ!)
■馬車の場合は、ホテル「Müller(ミュラー)」前発、馬車を降りてからお城まで徒歩5分。料金:上り6ユーロ、下り3ユーロ
■バスの場合は、ホテル「Lisl(リースル)」前発、「マリエン橋」下車。そこからお城まで徒歩10分。料金:上り1.8ユーロ、下り1ユーロ、往復チケット2.6ユーロ

行きか帰りに途中で絶対立ち寄りたいのが、「マリエン橋(Marienbrücke)」。お城全体がよく見える絶好の撮影ポイントです。

城内見学はツアーのみ!チケットセンターかオンラインで購入

お城の見学はツアーのみ可能です。ドイツ語、英語のツアーはガイドが解説しますが、日本語を含むそれ以外の言語はオーディオガイドが配られ、ポイントごとに説明を聞きながら回ります。ツアーの所要時間はいずれも35分。チケットはふもとの「チケットセンター」で購入可能。料金は大人13ユーロ。お城の入り口で直接買うことはできないので、下で予め買っておくことを忘れずに。チケットには入場時間と番号が記されています。指定の時間までにお城の入り口へ行き、自分の番号が電光掲示板に表示されたら入場、オーディオセットを受け取りツアー開始です。
ノイシュヴァンシュタイン 白亜の城undefinedドイツundefinedundefined馬車

 

チケットセンターには行列ができていることが多く、購入からツアーの入場時刻までもかなりの空き時間が予想されます。あらかじめオンラインで購入しておけば並ぶ必要もなく時間も選べるので、スケジュールが決まっている場合は事前購入をおすすめします。

また、城の内部は撮影禁止なのでご注意を。写真が欲しい人はふもとのお土産屋さんでポストカードを購入しましょう。ショップにはクロイツカムのバウムクーヘンやコーヒーで有名なダルマイヤー、ノイシュヴァンシュタイン城モチーフのフェイラーのタオルなど日本人に人気のあるドイツのお土産が揃っています。
ノイシュヴァンシュタイン 白亜の城undefinedドイツundefined馬車

 

お城そのものはもちろんのこと、お城までの山道、周りの景色も素晴らしいものです。王の夢の世界、王の愛した風景をたっぷり堪能してください!

【DATA】
ノイシュヴァンシュタイン城
Schloss Neuschwanstein

住所:
チケットセンター…Alpseestrasse 12 87645 Hohenschwangau (Googleマップ
お城…Neuschwansteinstraße 20, 87645 Schwangau, ドイツ(Googleマップ
TEL: 08362 -93 08 30
公開時間:3/24~10/15 9:00~18:00 10/16~3/23 10:00~16:00 
休日:1/1、12/24、12/25、12/31
料金:一般13ユーロ 学生12ユーロ 18歳以下は無料
公式サイトhttp://www.neuschwanstein.de/

チケットセンターのサイト、またはメールで予約可能
サイト:http://www.hohenschwangau.de/ticketcenter.0.html
メール:info@ticket-center-hohenschwangau.de


【おすすめ記事】

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。