洗顔時は、汚れと一緒にセラミドなどの肌の天然うるおい成分も流れています。それが、肌の乾燥の原因に! うるおい成分の流出を最小限に押さえる洗顔料を選びましょう。

【もくじ】
1ページ:洗顔料はしっとりタイプ? さっぱりタイプ?
2ページ:洗顔料は「弱酸性」がいいの?

洗顔料はしっとりタイプ? さっぱりタイプ?

しっとりタイプ、さっぱりタイプ。弱酸性に弱アルカリ性。洗顔料はどれを選んだらいいのでしょうか。
しっとりタイプ、さっぱりタイプ。弱酸性に弱アルカリ性。洗顔料はどれを選んだらいいのでしょうか。
液体タイプ、クリームタイプ、固形タイプなど種類豊富な洗顔料ですが、あなたは種類で選んでいますか? それとも洗い心地で選んでいますか? 洗い心地は主に「しっとりタイプ」と「さっぱりタイプ」に分けることできます。ミセス世代は、肌にうるおいが残って優しそうだからと「しっとりタイプ」を選ぶ方が多いと思います。でも、その思い込みちょっと危険です!!

「しっとりタイプ」には多くの場合、うるおい感をだすために沢山の油分が含まれています。平均的には約30%の油分が含まれているそうです。油分が入っていると、

  • 肌にいつまでもヌルヌル感が残るため洗顔時間が長くなり、肌にとって大切なセラミドなどの天然保湿成分までも流してしまいます。

  • ヌルヌル感を落とそうとするあまり肌をこすってしまい肌を傷つけてしまいます。

  • 油分が肌に残ったままだと、化粧水がうまく肌に浸透できなくなります。


うるおいを守るために選んでいた洗顔料が、乾燥などの肌トラブルを引き起こしていたようです。洗顔後、肌がつっぱることに抵抗を感じてしまいますが、洗顔はあくまで汚れを落とす作業ですので、そのあとしっかりと化粧水でうるおいを補えば問題はありません。

洗顔料を選ぶ上で、もう一つ気になるのが「弱酸性」や「弱アルカリ性」という言葉。次のページでは「弱酸性」と「弱アルカリ性」の洗顔料をチェックしてみましょう。