リタイア後の移住先として人気が高いマレーシア。最長で10年間の滞在許可が得られるリタイアメントビザを取得し、首都クアラルンプールの高級コンドミニアムに暮らしている日本人夫婦に、独占インタビューをしました!


人気が高まるマレーシアのリタイアメントビザ

ローカルレストラン
マレーシアのローカルレストランで楽しそうに食事する日本人リタイアリー
多民族国家のマレーシアには、最長で10年間の滞在許可が得られるリタイアメントビザ(退職者査証)の制度マレーシア・マイセカンドホーム・プログラム MM2Hがあります。何度でも出入国が可能なマルチプルエントリービザ(数次査証)ですから、日本との往来にも気を遣うことはありません。不動産取引の外国人規制が一部緩和されるなど、いくつかの特典もあります。

暮らしやすいマレーシアで老後を豊かに過ごしたいと考えるひとが、このところ急増。MM2Hの取得にも、申請から半年以上待たされるほどの人気ぶりです。

【関連記事】
マレーシア退職者ビザは今後代行申請に変更
【関連リンク集】
自然に囲まれリタイアメント生活
リタイアメントビザ情報

>>次のページは「KLにリタイア移住した日本人夫婦ドキュメント」です