H.264録画モードはどう変わった?


新ブルーレイDIGAでは、従来機種で搭載していたモードに加え、よりビットレートの低い「HL」モードが追加されました。

従来はビットレート5.7MbpsのHEモードがもっともビットレートの低いモードだったのですが、HLのビットレートはなんと4.3Mbpsになっています。この低いビットレートのおかげで、1層のブルーレイディスク(1層)1枚に最大約12時間の録画ができます。2層メディアの場合、最大約24時間になります。

DVDでも1層メディアで約2時間10分のハイビジョン映像を収録できるようになり、2時間の壁を破りました。DVD-R DLメディアであれば、約4時間10分にもなります。
モード名 ビットレート(Mbps)
BSデジタル 約24
地デジ 約17
HG 12.9
HX 8.6
HE 5.7
HL 4.3
新DIGA録画モードビットレート

画質向上が計られたH.264変換機能


新ブルーレイDIGAのH.264変換機能は「アドバンスAVCエンコーダー」と呼ばれ、単に低いビットレートをサポートするようになっただけでなく、画質も向上させているとしています。

新エンコーダーでは、映像の傾向によって、異なるチューニングで画質を向上させています。動きの小さな映像の場合は精細感を向上させ、動きの大きい映像はノイズを低減させているとのことです。

次ページでは実際に画質がどう変わったのか?を紹介します。