地デジ録画転送での問題


ご存じのように地上波デジタル放送にはダビング10のプロテクトがかかっており、ネットワーク経由で映像を転送することができません。

最近では地デジレコーダーでもDLNAに対応した製品がありますが、単なるDLNAサーバー機能では地デジ録画映像を転送できません。地デジ映像を転送するためには、「DTCP-IP」と呼ばれるプロトコルに対応している必要があります。たとえば、ソニーのBDZシリーズなどは、このDTCP-IPに対応したDLNAサーバー機能を搭載しています。

なお、地デジ録画をDLNA視聴するためには、サーバー、クライアント共にDTCP-IPプロトコルに対応している必要があります。
BDZ-X100
地デジ録画の配信が可能なDTCP-IP対応のDLNA機能を搭載したソニーBDZシリーズ。写真はBDZ-X100。



次ページではDLNAクライアントの進化について話をします。