変換モードのビットレートの違い


同じようにH.264変換機能に対応していると言っても、ソニーとパナソニックのレコーダーではどんなビットレートに変換できるか?の変換モードが異なります。パナソニックのブルーレイDIGAとソニーBDZのH.264変換モードは次のようになっています。
■パナソニックDIGAのH.264変換モード
モード名ビットレート解像度BDへの録画可能時間(1層)
BSデジタル約24MbpsフルHD(1920×1080)約2時間10分
地デジHD約17MbpsフルHD(1920×1080)約3時間
HG12.9MbpsフルHD(1920×1080)約4時間
HX8.6MbpsフルHD(1920×1080)約6時間
HE5.7MbpsフルHD(1920×1080)約9時間
BSデジタル、地デジHDのDRモード(MPEG2)とブルーレイDIGAのH.264変換モードHG、HX、HEでの記録可能時間の比較

■ソニーBD-ZのH.264変換モード
モード名ビットレート解像度BDへの録画可能時間(1層)
XR15MbpsHD(1440×1080)約3時間10分
XSR12MbpsHD(1440×1080)約4時間
SR8MbpsHD(1440×1080)約6時間5分
LSR6MbpsHD(1440×1080)約8時間5分
LR4MbpsSD(720×480)約12時間10分
ER2MbpsSD(720×480)約24時間25分
ソニーBDZのH.264変換録画モード比較。

BDZ-T7
昨年末のソニーBDZの新機種はすべてH.264変換機能を搭載。写真はT70(上)/T50(下)。


次ページでは変換モード構成の違いの説明をします。