DVD・HDDレコーダーはVHSデッキより何が凄い?


ソニーRDZ
今やすっかりビデオレコーダーの主流となったDVD・HDDレコーダー。
いまやDVD・HDDレコーダーはVHSビデオデッキに代わってビデオレコーダーの主流になってきています。しかし、DVD・HDDレコーダーを使ったことのない人のなかには「それって、VHSデッキより何が凄いの?」と思う人もいると思います。この記事ではVHSデッキに比べ、DVD・HDDレコーダーの優れているところを解説していきます。


■Contents
1. 録画にメディアを用意する必要がない
2. 長時間録画ができる
3. デジタル録画は画質が劣化しない
4. 録画予約を簡単にしたEPG
5. 好きな芸能人の出ている番組を自動的に録画
6. 同時に2つの番組を録画できるW録画
7. まとめ:DVD・HDDレコーダーが今、買い時な理由

録画にメディアを用意する必要がない


DVD・HDDレコーダーはDVDとハードディスク(HDD)の2つのメディアに番組を録画できます。メインの記録メディアはハードディスクで、録画映像は、必要があれば簡単に削除できます。空き容量がない場合も、適当に不要な番組を削除すれば、新しい番組を録画できます。VHSビデオデッキでは、新しい番組の録画にはビデオテープを用意する手間とコストがかかりますが、DVD・HDDレコーダーにはそれがないのです。

デジカメ
デジカメとDVD・HDDレコーダー普及の理由は似た面がある。
これはある意味、デジタルカメラに似ています。デジカメがここまで普及した理由の1つは、フィルムも現像コストもなしに写真が撮れて画像を見られる経済性でしょう。DVD・HDDレコーダーの魅力もメディアを用意する手間もコストもなく録画できるところにあります。HDD・DVDレコーダーでは、VHSデッキよりも録画がより気軽なものになったのです。

長時間録画ができる


VHSビデオテープの録画時間は普通のテープで120分、長時間タイプでも180分です。3倍モードで録画しても、それぞれ360分、540分。最近の映画は長いので、2時間以上になることがよくあります。この場合、120分テープでは標準画質では録画できないので、泣く泣く3倍モードで録画することになります。

これに対して、ハードディスクはより長時間の録画ができます。アナログ放送を標準画質で録画するには、1時間あたり約2.2GB程度の容量になります。もし、3時間の録画がしたいとすれば、約7GBの容量が必要になります。現在のレコーダーのハードディスクは最低でも160GBの容量があるので、数十時間の番組を録画できます。DVD・HDDレコーダーならドラマの1クールを保存しておき、好きなときに見る映像貯蔵庫としても使えるのです。
東芝RD-XS38録画時間グラフ

例として東芝RD-XS38(200GB)だと、標準画質で約90時間、長時間モードで約177時間もの録画ができる。


次ページではデジタル録画での画質の劣化、VHSより楽になった録画予約、最近流行の自動録画機能などを説明します。