ケーキセットは700円。手作りのロールケーキやタルトはほぼ日替わり
6月は花菖蒲の季節。東京都内でも老舗の菖蒲の名所といえば、葛飾区の堀切菖蒲園。2006年も順調に生育し、5月29日現在、一分咲き。見頃は6月10日前後あたりです。

堀切は菖蒲とともに有名なラーメン店の激戦区なのですが、落ち着いてお茶ができるカフェがありませんでした。
それが昨年秋に、素敵なカフェが誕生。
菖蒲園めぐりの途中に立ち寄りたい、下町カフェをご紹介します。

下町カフェ 和ーずわーす

店主の気分次第で内容が変わるヘルシー定食700円。五穀米に豚汁、とろろ、自家製ピクルス、菜の花のカラシ和えがこの日の品揃え
京成線堀切菖蒲園駅から菖蒲園に向かう道すがら、七福神が並ぶ天祖神社のすぐそばに和ーずわーすがあります。
古い下町商店街の一角、間口も狭いこぢんまりとしたカフェですが、店内には漆喰の白い壁に、さまざまな陶器や工芸品、手作り小物が並んび、ちょっとした秘密の小部屋といった雰囲気。

メニューは挽きたての香り高いコーヒーに、こだわりの烏龍茶や紅茶。
そして、オーナーの阿部和子さん手作りのスィーツとごはんが評判です。



これがやさしい味付けで、とってもおいしいのです。
甘さを抑えながらもコクがあって、幸せな気持ちになれるロールケーキやタルト。
野菜をいっぱい使ったヘルシー定食や、店主の気まぐれでメニューがどんどん変わっていく軽食メニューも、バラエティ豊か。

カラッとして早口、いかにも下町らしい阿部さん(でも美人)の気取らない接客に、ファンも多し。見知らぬ人でも誰でも仲間に入れてくれるような、懐の広い下町っ子たちと、会話が弾むかもしれません。

また、店内には店主夫妻がつくる陶器や、堀切界隈の手作り愛好家が持ち寄ったさまざまな小物も販売。着物地のパッチワークで作った小物入れ、お手玉、あけびの籠、和風アクセサリーなど、忘れかけていた懐かしさを肌で感じられるものばかりです。


きっと和の雰囲気に癒されますよ。
下町散策の寄り道に、ぜひ立ち寄ってみてください。


<データ>
菖蒲園へ向かう下町の商店街の中にある小さなカフェ
和ーずわーす
■電話:03・3695・5077
■住所:東京都葛飾区堀切2-35-6
■交通:京成線堀切菖蒲園駅より徒歩4分
■営業時間:11時~18時
■定休日:毎週月・火 および第2、4日曜
Yahoo!地図情報

★菖蒲まつり期間中は特別メニューを予定しています。こちらもお楽しみに。


【関連リンク】
■まずは菖蒲!下町ブラブラ散策で癒されよう! 菖蒲と紫陽花咲く東京・葛飾
■ラーメンガイドおすすめの堀切のらーめん店ラーメンも旨い亜細亜的居酒屋
■堀切を知るなら!超ジモティなサイトほりきり発見伝
■愛子さまにも納品した銀食器の店上田銀器工芸

(画像提供:阿部栄一郎)                       
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。