滝桜は鮮やかなピンク色。この色合いにも癒されます。

東京をはじめ、満開を迎えた今年の桜。
皆さんはもう、どこかでお花見されましたか?

花にはその色や香りに癒し効果があるといいますが、中でも桜は、日本人のDNAがそうさせるのか、魂を揺さぶります。

4月下旬、春遅い東北・福島で、全国でも有数の神秘的な桜が満開を迎えます。ぜひ一度、でかけてみてください。東京からの日帰りも可能です!


日本三大桜を見に行こう

ガイドがまたまたイチオシしたいのが三春・滝桜(みはる・たきざくら)。
ちょっと、遅いのでは~、とお思いの方もいらっしゃると思いますが、大丈夫!

4月下旬に満開を迎える東北は福島県の桜なんです。
まずは、こちらをごらんくださいませ!

満開の滝桜。本当に花が滝のように落ちてきそうです。左端に胡麻粒のように写っているのが人です。桜の木の大きさがわかります。(2005年4月21日撮影)


すごいですよね!枝幅7.5メートルという巨木なんです。
風が吹くと、枝垂れた枝がまさに滝のようにゆらぎます。

三春の滝桜は岐阜県根尾村・薄墨桜、山梨県武川村・神代桜と並ぶ日本三大桜のひとつ。種類はエドヒガンザクラ。推定樹齢1000年という古木です。

風にゆらぐその様はまるで花の精。生き物のようです。
木の重厚感と花のたおやかさが見事で、ほれぼれしてしまいます。

さて、こちらの見頃はどうやら4月20日前後あたり。
気象庁の発表(2006年3月29日)によると福島県福島市は4月10日が開花予想。
三春はそれから4.5日遅いというので、15日頃には開花、満開は昨年並みの20日から25日あたりのようです。




観に行こう!と思い立った方は、滝桜の開花情報が毎日更新されている滝桜.comを要チェックです!過去4年間のデータベースもありますので、今年の開花状況と比較してみるのもいいかと思いますよ。


次ページでは滝桜の楽しみ方を、3ページでは見逃せない周辺やスポット情報、日帰りプランのアクセス情報と、セレブ感に浸れる隠れ湯情報をお届け。
日帰りでも、1泊でも楽しめる滝桜プラスアルファ情報は必見です。