箱根の初夏の風物といえば「あじさい」。
登山電車周辺をはじめ、箱根ガラスの森や芦ノ湖湖畔の遊歩道などで、心を鎮めると言われる紫や青のあじさいに出会えます。

そんな中でもガイドが大好きなスポットが阿弥陀寺
ここを訪れるとあじさいの爽やかな色と琵琶の音住職の美声に心洗われるのです。


箱根の穴場あじさいスポット・阿弥陀寺


箱根の阿弥陀寺、といってもあまり知らない方が多いかと思います。
箱根の玄関口、箱根登山電車の箱根湯本駅から徒歩30分。30分のうち20分は山道を登る登山ですし、湯本の温泉街や商店街とは逆の山の中にある静かなお寺です。

あじさいが咲き乱れる阿弥陀寺の境内。本堂は江戸時代の庄屋の住居を移築したもの


幕末を生きた皇女・和宮は明治10年、箱根の塔ノ沢の温泉で亡くなります。
阿弥陀寺は32歳で亡くなった皇女の密葬を務め、その位牌を祀る由緒あるお寺なのです。

ひっそりとした寺の佇まいには、箱根の華やかな雰囲気はありませんが、一度訪ねると必ずやファンになってしまい、何度も訪ねてみたくなる場所です。

6月中旬から7月上旬にかけて、参道から本堂までの山道の両側には紫や青、白い清涼なあじさいが咲き乱れます。
その数3000株といわれますが、実はすべて、現住職・水野賢世和上が自ら手植えしたものなのです。
参道脇の木を切り倒し、あじさいの苗を植え、毎年、手塩にかけて育ててきたあじさい。
花を愛する住職が、30年あまりの歳月をかけてあじさいの寺に育て上げてきたのです。

あじさいや梅を植え、獣道に近い山道を車が通れる道に舗装し、訪れた人々に流麗な琵琶の音色を聞かせる水野住職。
「生きている人々のために尽くしたい」という信念が寺を復興させたといいます。

次ページではそんな住職のエピソードと阿弥陀寺で味わえる癒しのひとときをお届けします。