霊峰・月山の麓にある山形県西川町。
自然豊かなこの町の名物は、山菜料理

もともとは月山で修行する修験者たちの料理だった山菜料理ですが、江戸時代から明治にかけて、紅花商人によって京文化が輸入され、東北とはいえ、薄味の伝統がプラスされました。

こごみ、ぜんまい、うるい、ふきのとう。
それに山のきのこ。
なかでも「月山筍」と呼ばれる人差し指ほどの
細く柔らかな筍は、この地方でしか採れない絶品。

春の香りを存分に味わう山菜料理をいただくなら、
西川町の玉貫がおすすめです。

特に4月初めまでは「雛膳料理」として、
山菜に細やかな細工をほどこした華やかなお料理がいただけます。

内容は、胡麻豆腐、山菜おこわ、ワラビのごま和え、山菜天ぷら、あんかけ、鯉の洗い、タケノコのキクラゲの炊き合わせ、酢みそ和え、地鶏の汁物、アサツキとタニシのカラシ和え、白鮭、片栗、山ブキ、岩魚の唐揚げ、ヨモギ餅にフルーツ など 約20品に及ぶ山菜フルコースです。(写真参照)


これで5250円。かなりお得です。
コースは3500円~5000円ほど。



雛膳以外にも山菜料理を満喫できますので、
ゴールデンウィークなどに訪れるのもおすすめです。

また4月4日までは、250体もの古い豪華なお雛様も展示。
舌と目で愉しむ、優雅なひとときを過ごせますよ。





■玉貫 

住所:山形県西村山郡西川町大字間沢80-1

電話:0237・74・2364

交通:山形自動車道西川ICより車で3分
   看板が出ているのですぐわかります。
   山形市内から車約50分、山形空港から車40分

営業時間:11時~18時30分 ★要予約




山形の雛のみちをめぐる旅はコチラ4月の雛祭り 山形・雛のみちで。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。