「本当にありがとう」「いいからいいから」

「何か落としましたよ」

買い物袋をもった女性が歩いていると、後ろから素敵な男性が声をかけてきました。

男性: すみません、何か落としましたよ。ハンカチだと思いますが。

女性: (あら素敵)ありがとうございます。このご恩は一生忘れません。

男性: いえとんでもない。ただのハンカチですから。

相手がお礼を言ってきたときに日本語ならば「いえとんでもない」「礼なんていいですよ」「いいからいいから」などと言うこともありますが、これを英語で表現したらどうなるのでしょう。そんな場面での決まり文句の一つが

Don't mention it.

です。mention は「~について言う」という意味の単語なので、Don't mention it.は直訳すれば「それを言わないでください」ということになります。つまり相手が謝ったりお礼を言ったことに対し、「そんなこと言わなくていいですよ」という気持ちで使う表現です。

普通の会話に出てくるような決まり文句ですので、丸ごと覚えましょう。それでは具体的な会話例を以下で見ていきます。

I'm on my way. 電話: 早く来い。さもないと仕事を失うことになるぞ

会話例の続きは次のページで>>