古くなって傷や汚れが目立つようになった家具、趣味が変わって気に入らなくなった家具、皆さんはどうしていますか?
新しい物に買い換えるのは簡単ですが、家具はそんなに安い買い物ではありませんし、古い家具の処分もお金がかかってしまいます。
そんな家具を自分でリフォームし、自分だけのオリジナル家具に変身させてしまうというのはいかがでしょうか?
今回は古い家具を塗装して、新しい家具としてよみがえらせてしまう方法のご紹介です。
ペンキなんて塗ったことがないから…という方も大丈夫。難しいテクニックは必要ありません。
自分で手を加えることで、世界で一つの愛着のある家具に変身します。



今回塗り替える家具はこちらの電話台です。
要らなくなったから、と知人から譲り受けた物です。
写真ではきれいに見えますが、けっこう傷が付いていて使用感がありますので、我が家の家具の色に合わせて白に塗り替えてしまうことにしました。

用意する物
塗料(今回は白の水性ペンキを使用)
刷毛、筆
サンドペーパー(240番位が適当)
マスキングテープ
パテ(必要な場合)
レジャーシートなど

塗料について
塗料の種類は色々あるので、何も知らずにホームセンターなどに行くとどれを買っていいのか悩んでしまいます。
塗料には水性と油性のものがあり、どちらを使用しても良いのですが、乾燥時間が短く、溶剤も専用の物を必要としない水性塗料がおすすめです。
水性といってもいったん乾いてしまえば、油性塗料に負けないくらいしっかりした塗膜をつくってくれます。
色ですが、薄いパステルカラーなどの塗料を使う場合は、最初に白の塗料で下塗りをしておくと発色が良く、きれいに仕上がります。
スプレー塗料は手軽ですが、以外とむらになりやすいので、ハケで塗る方が失敗がありません。

刷毛について
刷毛も実にたくさんの種類があります。
水性用ハケ、油性用ハケ、コテバケ、ローラーバケなど様々ですが、塗料や塗装面に合わせて一番適した物を選びます。
家具の広い平らな面を塗るならばコテバケがおすすめ。
角や細かい部分はスジカイバケで塗ります。
普通の水性用ハケなどの毛のある刷毛を使用する場合、ハケをおろす前に良く毛をほぐして、余分な毛を落してから使いましょう。



作業前の下準備
塗料が付いて欲しくない部分に、マスキングテープを貼ります。
写真右は紙製のマスキングテープです。
写真左はマスカーなどと呼ばれるポリシート付きのマスキングテープです。
テープにポリシートが折りたたまれて巻いてあるので、テープを貼っていくだけで周囲もマスキングする事ができ、とても便利です。
普通のマスキングテープに新聞紙などを当てて、汚れてほしくない面を覆っても良いと思います。

マスキングテープを貼り終えたら、テープの境目はきっちりと押さえてください。
しっかりと粘着していない状態だと、隙間から塗料が染み込み、仕上がりがきれいではなくなります。
このマスキングの作業をしっかりやっておけば、作業もはかどりますし、仕上がりもきれいに出来ます。

ねじでとめてある取っ手などは外し、分解できるパーツも外しておくと、作業が楽になります。


塗装前の下地処理
塗料ののりを良くするため、塗装する面全体にサンドペーパーをかけます。
サンドペーパーは目の粗さによって番号が付いていますが、240番くらいの物が適当です。
平面にサンドペーパーをかける場合、木片などに巻き付けて使うと使いやすいです。
写真の黒いものはサンドペーパーを押さえる専用の道具ですが、このような物を使用するとさらに作業が楽になります。
もとの塗装を完全に擦り落してしまう必要はありませんので、表面を全体的に荒らす程度にやすりがけをしてください。
なお、元の塗料を完全に落してしまいたいという場合は、DIYショップなどで「剥離剤」というものも売られていますので、それを利用すると便利です。



準備が出来たら塗装しましょう!⇒次ページ