アンニョンハセヨ? 韓国ドラマ、韓国映画の流行で、韓国の人々の考え方やその時代の様子などが私たちに届きやすくなりました。そこで、ドラマや映画はもちろんのこと、韓国に興味のある皆さんにお勧めしたいもう一つのジャンルが、「韓国の小説」。

「どんなものがあるか分からない」という方も、「何だか難しそう……」とお思いの方も、映画『私たちの幸福な時間』や『妻が結婚した』(小説の邦題は『もうひとり夫が欲しい』)、ドラマ『マイ・スウィート・ソウル』の原作は小説だと聞くと親しみを感じることができるのでは。映像で表現されるドラマや映画と違い、言葉でつづられる主人公の心情や韓国の時代背景などは、とても味わい深く、韓国・韓国人への理解を一層深めます。さらには、「この言葉、原作ではどんな韓国語なんだろう」と想像したりする楽しみもあります。

そこで今回は、日本語に翻訳され、日本の出版社から出版されている「韓国の小説」の中から、是非皆さんにお薦めしたい小説をいくつかご紹介したいと思います。日本で出版されている、というだけで、その小説が韓国でどれだけ人気があったかということが分かると思いますが、その中でも以下の点に絞って、お薦め小説をピックアップしてみました。早速ご覧ください!

【INDEX】
・韓国の‘いま’が分かる。センセーショナルな小説
韓国社会を考える。高度成長、女性、社会問題

韓国の‘いま’が分かる。センセーショナルな小説

もうひとり夫が欲しい
『もうひとり夫が欲しい』(新潮社)。翻訳は蓮池薫さん(クリックするとアマゾンのHPにとびます)
まずご紹介するのは、2点。儒教精神が根強いとされる韓国の常識や貞操観念を突き破ったセンセーショナルな小説をご紹介いたしましょう。

2008年秋に韓国で公開されて話題を呼んでいる映画『아내가 결혼했다』(アネガ キョロネッタ/妻が結婚した))をご存じでしょうか?(小説の邦題は『もうひとり夫が欲しい』(新潮社、パク・ヒョンウク著、蓮池薫訳)) 主人公は、映画『ラブストーリー』や『四月の雪』でお馴染みのソン・イェジンです。

この小説の主人公は男性。ストーリーはその題名そのままで、一夫一婦制に疑問を持つ妻が、自分以外の男性とも結婚してしまう、というお話です。もちろん、韓国も法律的には一夫一婦制なので、戸籍上は主人公の男性と結婚していることになっているのですが、妻は、平日は慶州(경주/キョンジュ)のもう一人の夫の家で過ごし、週末はソウルにある主人公の男性の家に来て過ごす生活を送っています。もちろん、もう一人の夫も重婚については了承済み。

「そんなこと可能なの? 結婚式は? 家や友達との付き合いは?」と思いますが、妻は、仕事も両方の家の家事も完璧にこなし、2人の夫の実家における盆と正月の付き合いもぬかりなく行うのです! ひとり悶々と苦悩する主人公の男性……、そんな中、妻が妊娠します。果たして父親は……?

主人公の男性の葛藤がユーモラスに描かれていて、同情しながらも苦笑してしまうストーリー展開。また、小説は主人公と妻が大好きなサッカーの話を織り交ぜながらコミカルに展開していきます。ヨーロッパのサッカーが好きな方はダブルで楽しめる小説です。

マイ・スウィート・ソウル
女性にお勧め! 『マイ・スウィート・ソウル』(クリックするとアマゾンのHPにとびます)
もう一つ、結婚適齢期の女性心理を赤裸々につづった話題作のご紹介。小説の冒頭の「かつての恋人が結婚する日、みんなは何をして過ごすのだろう」で引きつけられ、3分でも時間があれば開き、むさぼるように読みました。題名は、『マイ・スウィート・ソウル』(チョン・イヒョン著、清水由希子訳)。韓国語の原題は、『달콤한 나의 도시 』(タルコマン ナエ トシ/甘い私の都市)です。

数年前、日本で大ベストセラーになり、大変話題となった『負け犬の遠吠え』という酒井順子さんのエッセイの中に、「大都市には負け犬小説(作品)が存在する。イギリスの『ブリジット・ジョーンズの日記』、アメリカの人気ドラマ『Sex and the City』…」というようなことが書いてあったと思うのですが、まさにこれが韓国版、大都市・ソウルの負け犬小説と言えるでしょう。

主人公は31歳のオ・ウンス。年下のちょっと将来性のない恋人、何でも話し合える同い年の男性、結婚相手としては理想的に思える年上の男性。どの人とも結婚できるようで結婚できない……。そこにこれまで積んできた仕事のキャリア、会社でのストレス、友情、そして嫉妬。さらには結婚に踏み切ろうと思った人に衝撃の事実が!

20代~40代の女性なら、必ずどこかしら自分自身にオ・ウンスを照らし合わせることができるでしょう。ただ、女性が読む分には共感できたり、身につまされたりするところがあると思うのですが、男性が読んだらどんな感想を抱くのだろう……うむむ、恐ろしい! というのが、私のもう一つの感想でもあります。殿方には読んでいただきたくない小説の一つかもしれません。

いずれにせよ、今を生きる韓国女性の葛藤や悩みが凝縮された小説です。また、ドラマに比べると、ちょっとシリアスな雰囲気が漂っています。それがミステリアスで先が気になって、どんどん読み進められると思いますよ。

次のページでは、韓国社会にぐっと入り込める小説をご紹介。これであなたも韓国博士!