ゲートウェイ21福井社長からの説明

ゲートウェイ21「債権者会議」
債権者会議後メディアの取材陣に囲まれる福井社長(写真:読者提供)
経営が悪化し、3月から社長(福井氏自身)や役員の給与は未払いで何とか資金を作ろうとしたがダメだった。最後に支社をオープンしたのは3年前なので、支社開設資金が経営悪化の理由ではない。経営悪化の理由は売上が上がらなかった為で、それにより(海外へ)送金ができなかった、と説明。
続いて質疑応答に入りました。

債権者との質疑応答

Q:顧客が支払ったお金はどこへいったのか?
A:売上が上がらなかったので、本社・支社の家賃や人件費等の経費に使った。

Q:支社の家賃と言うが、私はゲートウェイ21の福岡支社を利用していたが福岡支社なんてとても狭くて家賃が高いとは思えない。それに私は1 年後に渡航する100万円を既に支払ってあるし、会社全体で1年間の渡航者人数が8,000人もいるのだから、顧客から受け取っている金額はかなりの額になるはず。そのお金は何に使われて、どこにいったのか?
A: ……(回答なし)

海外へは4月から送金していない?

Q:私の子供は今バンクーバーに留学しているが、子供が海外ステーションに聞いたところゲートウェイからステーションへ4月以降送金がされていない状況だと聞いた。実際に、既に10数名がゲートウェイの破産によって学校を辞めさせられているそうだ。送金がされていないという証拠もバンクーバーからメールでもらってある。
既に支払ったお金は海外に送金せずに何に使ったのか?
A: ……(回答なし)

Q:私は渡航日を延長して欲しいと言われた。渡航日延長の理由として、社員に「会社の資金繰り悪化の為」と言わせたか?
A:社員とは資金繰り悪化の状況は共有していた。

Q:それは嘘だ、私は資金繰りの悪化だなんて聞いていない。ホストファミリーが急病で受け入れられなくなったと言われた。
A: ……(回答なし)

Q:私は会社の経営をしているが、福井氏は毎月バランスシートを見ていたのか?
A:見ていた。

Q:バランスシートを見ていたのであれば破産する前に資金の状況や破産の可能性がわかったはずで、このような破産の仕方は詐欺だ。私は刑事告訴をする。(ここからは他の債権者への呼びかけ)私一人では刑事告訴できないので一緒に告訴する人を集めたい、一緒にやってもいいという人は終了後に会場の外に用紙を置いておくので名前と電話番号を記載して欲しい。(債権者達から拍手がおこる)

      >>監査役はいたのか? 監査法人はどこか?>>