アサリのはいったイカスミの玄米チャーハン!
休みの日のお昼ご飯は、なににしましょうか?
子供達でも手軽に作れるチャーハンは嬉しいメニューですね。
いつものチャーハンに、缶詰めのイカスミソースを加えてみました☆
玄米ご飯とイカスミソースを使うことで、ひと味違ったチャーハンができますよ!
はじめて口にする真っ黒のチャーハンに、きっとお料理の楽しさと驚きに目覚めてくれますよ!

     
゚ '・:*:.。.:*:・'゚ ☆。.:*:...:*::・'゚ ☆。.:*゚ '・:*:.。
     
 

材料4人分:玄米ご飯4杯分、あさりむき身200g、たまねぎ1/2個、ニンニク1片、イカスミソース100cc、白ワイン100cc、塩・コショウ少々、オリーブオイル大さじ1、パセリ少々。

  1・フライパンを温めてから、オリーブオイル大さじ1で、細かく刻んでおいたニンニク、たまねぎのみじん切りをキツネ色になるまで炒めます。
     
 
2・むき身のあさりを入れて軽く混ぜ合わせ、白ワイン100ccを加えます。   3・フタをして2~3分間むらし、塩・コショウで味をととのえます。
     
 
4・4人分の玄米ご飯を加えて、具とご飯をよく混ぜ合わせてからイカスミソースを加えます。   5・イカスミソースが全体に絡まったらでき上がりです。
゚ '・:*:.。.:*:・'゚ ☆。.:*:...:*::・'゚ ☆。.:*゚ '・:*:.。
     

いかがですか?真っ黒のチャーハンをみて子供達から思わず、「これなあに~」て聞かれる事と思います。そしてその美味しさに、きっとビックリすることでしょう。
今回は玄米ご飯を使いましたが、少し固めに炊いたご飯でももちろん大丈夫です。
ご飯が柔らかいかなと思った時は、ザルに拡げて、冷蔵庫で一晩置くと、パラッとしたチャーハンに最適なご飯になります。
このほかにも、ひじきや、佃煮などを使っても黒い色したヘルシーなチャーハンができますよ!

 
イカスミを使ったお料理には、
この他にもイカスミのパエリアの作り方を取り上げています。
チャーハンはお昼ご飯に、パエリアは休日のにぎやかな夕食に最適だと思います。
 
(C)July.2002 Copyright & Photo. Tamiko Kuroda
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※衛生面および保存状態に起因して食中毒や体調不良を引き起こす場合があります。必ず清潔な状態で、正しい方法で行い、なるべく早めにお召し上がりください。また、持ち運びの際は保存方法に注意してください。