はっさくも、夏ミカンもグレープフルーツも、ミカンと同じ柑橘類の仲間です。
今回は、旬の「はっさく」を使ったママレードを作ってみましょう。
はっさくの皮と実が美しい透明の黄色になり、甘酸っぱい香りをいっぱいに届けてくれます。
作り方のコツは、皮を2~3回煮だしてやわらかくすること。砂糖をまぶして、しばらく置いておくこと。そして、弱火で30分間煮ます。
これだけでホームメイドの美味しいママレードができます。
市販のママレードに不満だったあなた自身がきっと納得できるお味です。
ママレードはパンにつけたり、クッキーに、ケーキにいろんなお菓子に利用できますね。
゚ '・:*:.。.:*:・'゚ ☆。.:*:...:*::・'゚ ☆。.:*゚ '・:*:.。
 

材料:はっさく3個分の皮、2個分の実(約900g)、グラニュー糖500g

 

  1:はっさくの皮をむき、内側の白い部分をざっくりと取り、薄切りにして水につけておきます。
     
 
2:鍋にたっぷりの水を入れ、水につけておいた皮を煮ます。   3:煮立ったら湯をすて、さっと水洗いをして再び水を入れて煮ます。この作業を2~3回くり返します。
     
 

4:柔かくなった皮を、ボールの中で水洗いしてきつく絞ります。

 

 

5:きつく絞った皮は、細きりにしておきます。
     
 
6:はっさくの実は2個分をほぐしておきます。ほぐした実ときつくしぼった皮、砂糖を入れて2時間ほど置いておき、その後弱火で30分間煮ます。煮ている間に焦げ付かないよう注意が必要です。   7:これででき上がりです!手作りのママレードは、保存料を使っていませんから、冷蔵庫に保存しても、2週間程度で食べきるようにしてくださいね。

 ★できあがったら、自然に冷めるのを待ち、消毒したビンに保存します。

前ページのイチゴジャムと同様に、あまりの美しさとおいしさに、手作りされたあなた自身が、きっと驚かれることと思います。
市販されているジャムに何となく抵抗感のある方は多いのではないでしょうか?
こんなに簡単に、おいしいものが作れるのですから、ホームメイドの醍醐味を、もっともっとお楽しみ下さいね!

゚ '・:*:.。.:*:・'゚ ☆。.:*:...:*::・'゚ ☆。.:*゚ '・:*:.。
←前のページではイチゴジャムの作り方をご紹介しています。

旬のジャムづくりは下のクローズアップ記事からもご覧いただけます。
ルバーブジャム
ブルーベリージャム
おすすめサイト>手づくりジャムのアラカルト

 

 
 
 
(C)Mar.2002 Copyright & Photo. Tamiko Kuroda

 

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※衛生面および保存状態に起因して食中毒や体調不良を引き起こす場合があります。必ず清潔な状態で、正しい方法で行い、なるべく早めにお召し上がりください。また、持ち運びの際は保存方法に注意してください。