いよいよ今年もクリスマスが近づいて来ましたね!!
今年は、手づくりのたれを使って焼き鳥風味のローストチキンを作ってみませんか?
もちろん「手づくりのたれ」のレシピもご紹介します。
香ばしく焼き色がついた鳥の丸焼き・・・チキンの中には、銀杏入りの炒めご飯がぎっしり詰まっています。この一品があるだけで、食卓が華やかになります。あとは楽しい会話と笑顔が、パーティに華をそえますよ!!
♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

★★★★★★★★★★★★★★★★★
材料:四人分
鳥1羽(約1.3~1.5kg)、すり込み用の塩30g、手づくりのたれ400cc(作り方はこのページの最後に書いてあります)、七味唐辛子小さじ1、ネギ1本、しょうが、ニンニク・各10gみじん切り。
鳥の中に詰める材料:米1カップ、玉ねぎ1/2、しめじ1/2パック、銀杏の実(茹でたもの)10コ、鶏がらスープ小さじ1、水1カップ、胡麻・粉チーズ少々。
 

1/ 鳥はきれいに洗い、塩を全体に充分にすり込み、15分ぐらい置いておきます。
ここのところは、写真でお見せすると生々しいので、省略いたします。鳥肌に塩をすり込むことを抵抗無くできるようにするのは、少々経験が必要かもわかりません・・・。
鳥をさっと洗って塩を流し、水気を取り、七味唐辛子、ねぎ・しょうが・ニンニクのみじん切りを、手づくりのたれの中に入れ、よく混ぜ合わせ、鳥を1時間ほど漬け込んでおきます。
 
2/ 次は詰め物の用意をします。
材料:米1カップ(洗って30分以上水に漬けておきます)、水1カップに鶏がらスープの素小さじ1を入れたスープ、 玉ねぎ1/2コ、しめじ1/2パック、ぎんなん(茹でて皮をむいたもの)10つぶ、ごま、粉チーズ。
あたためたフライパンに、バター大さじ1をいれて、玉ねぎ、しめじのみじん切り、お米を入れてよく炒めます。焦げ付きやすいので手早くやってください、どうしても焦げ付きそうなときは時は、バターを少し足してください。
次にスープを加え、とろ火でゆっくりとかき混ぜながら20分煮ます。10分ほどたったら銀杏をいれます。最後に、ごま、粉チーズを加えてでき上がりです。

3/ たれに漬け込んでおいた鳥を取りだし、おしりからお腹に、先ほど炒めたご飯を詰めていきます。
スプーンできっちりつめてください。

 
4/ 足をたこ糸で結び、おしりのところは竹串などで縫うように止めておきます。
180℃のオーブンで、時々漬け込んだときの、たれをかけながら40分焼き上げます。
付け合せのじゃが芋なども一緒に焼けば、じゃが芋も香ばしくなります。
 
5/ さあ美味しく焼きあがりました。鳥の足には、赤いリボンと小さなベルを結びつけるとなんだかワクワクしてきませんか?
漬け込んだたれは、煮詰めてソースにして召し上がってくださいね。
♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

★★★★★★★★★★★★★★★★★
☆「手づくりのたれ」:
醤油500cc、みりん100cc、砂糖100gをよく混ぜ合わせ、弱火で15分ほど焦げ付かないように注意しながら煮ます。
沸騰させないで煮るのがコツです。味見をしてなじんできたら火を止め、冷ましておきます 。冷めたら冷蔵庫で保存してください。
このたれは焼き鳥、うなぎのたれ、天ぷらのつゆ、おでんのだしなどにも応用できます。☆
 
(C)Nov..2001 Copyright & Photo. Tamiko Kuroda

 

<クリスマス・スペシャルへ>

<クリスマスの贈り物特集へ>

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※衛生面および保存状態に起因して食中毒や体調不良を引き起こす場合があります。必ず清潔な状態で、正しい方法で行い、なるべく早めにお召し上がりください。また、持ち運びの際は保存方法に注意してください。