毛穴の悩み 最終章 
~化粧なんて崩さない 簡単お手入れで皮脂バランスをコントロール~


皮脂が多くなる要因
イメージ今年の春先から、毛穴の悩みを解決するシリーズをお届けしてきましたが、いよいよ最終章へ突入です。 これからの私たちの悩みは皮脂による化粧崩れ。季節の変わり目は、肌に様々な影響を及ぼします。

・気温の上昇
・寒暖の差による交換神経と副交換神経のバランスの崩れ
・外的環境(人事異動、引越しなど)の変化にともなうストレス


このようなことが原因で、皮脂が過剰に分泌されてしまいがちに。 季節の要因以外にも、 

・糖分やアルコールの摂取(皮脂の分泌量を増やすそうです)が、体内の中性脂肪を増加させる
・仕事によるストレスで、女性でも、男性ホルモンが増加する

などなど、様々な要因が絡み合い、皮脂が多く分泌されてしまうことがあります。 以前にも、お知らせしましたが、皮脂が過剰に分泌されると、毛穴が開き気味になり、目立ってしまうもの事実です。 だからこそ、皮脂が過剰に分泌されないように、お手入れをすることが大切です。

そもそも皮脂は、なぜ分泌されるのでしょうか?
皮肌造 皮脂はなぜ、存在しているのか?テカルからいらない・・・と考えてしまいがち。 皮脂が存在するのは、肌の構造上、当然のことです。皮脂は毛穴にある皮脂腺から分泌され、 肌の乾燥を防ぎ、異物の進入や刺激から肌を守っています。つまり、自らの肌を保護する天然のべールが、皮脂なのです。なくなったら、乾ききったお肌になってしまいます・・。

男性はなぜテカリがち?
男性の皮脂分泌量が多いのは、男性ホルモンが、皮脂分泌を活発にする働き があるからです。 男性ホルモン が多いと皮脂が多く分泌される。ある化粧品メーカーの調査では、 20代をピークに皮脂分泌が減ってくる女性と比べて、男性の皮脂分泌量は30代、40代を過ぎても、 変わらない。ですから、大好きなあの人も、テカってしまうのですね・・・。一方、ストレスで男性ホルモンが増加しがちな女性には、なるほどーとうなずけたりも します。



次のページでは、「基本のお手入れ法」をご紹介します。