脂性肌で困っていた私の対策法

脂性肌、困りますね。

脂性の私が実践してもっとも効果的だった方法は、ものすごくシンプルなんです。
”とにかく顔からでた自分のあぶらを落としすぎない”、ということなんです。

何かの雑誌で読んだことがあるのですが、「あぶらとり紙を使ってあぶらをとると、とった分だけまた皮膚からあぶらが出てくる……」ということでした。

……ということは「出たらとる」ということをなるべく減らすのがいいのでは……と以下のことを実践。

  1. まず、朝は水でかるく顔を洗うだけ。決して石けんなどは使わない。

  2. ファンデーションはBBクリームのみ。いろいろ塗りたくると逆にしっかり落とさないといけないことになりダメージが多いので。BBクリームは化粧直しもほとんどいらずくずれにくいので、脂性肌にむいてるみたいです。

  3. 化粧落としは市販の石けんのみ。ダブル洗顔はNGです。

  4. ナイトクリームは毎日つけず1日~2日おきに。

  5. ナイトクリームをつけない翌朝は、自分の顔から出た油を乾燥しているところ(脂性肌でも必ずそういう場所があります。たとえば目の周り、口の周りなど。)へ持って行って補うこと。自分のあぶらって自然のクリームです。活用しない手はありません。

そうこうしているうちに、だんだん自分の肌が変わってきます。不思議なものです。人間の皮膚って。

あぶらがでるということは、そうそう悪いことではない、何か意味がある、と発想をかえてみては如何でしょう。

※データは記事公開時点のものです。


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※個人の体質、また、誤った方法による実践に起因して肌荒れや不調を引き起こす場合があります。実践の際には、必ず自身の体質及び健康状態を十分に考慮し、正しい方法で行ってください。また、全ての方への有効性を保証するものではありません。