パリのど真ん中に位置するレアールで異色な存在感を放つポンピドー・センター。図書館、美術館などから成る総合カルチャー施設は、地元パリジャンからは住所の通りの名前からボブールと呼ばれ親しまれています。中でもヨーロッパ最大の規模を誇る近代美術館はセンターの目玉であり、やはりパリを訪れたら是非立ち寄りたいスポットの一つとなっています。

写真をクリックすると次の写真に進みます
ポンピドー
近未来的な建物は、6階構成

 

パリ、フランスでの近代美術の総本山といえば、ポンピドー・センター内の国立近代美術館です。ルーブル、オルセーと並んでパリの重要な美術館であるだけでなく、所蔵作品数6万を超えるヨーロッパ最大規模の近代美術館でもありますので、是非訪れたいスポットです。

絵画、彫刻などの他に、建築デザインの有名な作品も充実しているので、インテリアに興味のある人でも楽しめる内容となっています。

ポンピドー・センターの構成としては、3階までが図書館で、美術館は4階と5階、6階は企画展とレストランのフロアになります。建物の中心の入口から入り左側に進み、左端のエスカレーター乗り口から右上がりに進んで行き、4階から入場します。