パリの国鉄駅! 7つの駅の紹介

サンラザール

それぞれの駅から郊外、地方、外国へ

駅、と言ってもフランスの駅は2種類の呼び名に分けられています。都市の地下鉄ネットワークであるメトロ(地下鉄)の駅(スタシオン/station)と都市間を結ぶ国鉄駅(ガール/gare)。今回はパリと地方、ヨーロッパの近隣諸国を結ぶ国鉄駅を解説します。
 
gares

行き先や電車によって利用する駅が違う

フランスの首都であり、地理的にも中心であるパリには7つの国鉄駅があり、行き先によって利用する駅が違います。パリの各国鉄駅が始発/終点となっていて、それぞれイルドフランス、地方、ヨーロッパ近隣諸国(イギリス、ベルギー、オランダ、ドイツ、スイス、イタリア、スペイン)まで行く事ができます。ちなみにどの駅も向かって左が長距離、右が短距離の電車となるように横一列にホームが並んでいます。

各国鉄駅間のアクセスは北駅ー東駅(徒歩5分)、リヨン/ベルシー駅ーオーステルリッツ駅(徒歩10分)以外はメトロ、バスまたはタクシーでの移動になります。タクシーは駅を出たら目の前に乗り場があります。では、パリの7つの国鉄駅をそれぞれ紹介していきましょう。

<目次>  

サンラザール駅(Gare st Lazare)8区

gares

2012年にサンラザール駅構内に駅ナカがオープン


オペラ座ギャラリー・ラファイエットプランタンなどのショッピング街のすぐ北に位置し、モネの作品にもなっているサンラザール駅は、パリから北西方面に行く電車が発着する駅。2012年には新しくスーパーやカフェ、ブティックなど80店舗が入る駅ナカも完成し、より便利になっています。 4月から10月のみオープンしているモネの家があるジヴェルニーへは、サンラザール駅からの出発です。在来線でヴェルノンまで約50分、バスに乗り換えて約15分で到着します。

ちなみに人気の観光地モンサンミッシェルはノルマンディー地方ですが、TGVで行く場合ブルターニュ地方のレンヌまたはドル・ド・ブルターニュ経由となり、出発はサンラザール駅ではなくモンパルナス駅からになるので注意。

主な行き先:ノルマンディー地方(ジヴェルニー、ルーアン、オンフルール、カン、バイユー、ドーヴィル、ルアーヴル)
乗り入れている電車:TGV、在来線、transilien(イルドフランスのネットワーク)
 

北駅(Gare de nord)10区

gares

ユーロスター、タリスは北駅にて発着


モンマルトルの丘を下った10区に位置する北駅は、その名の通りパリより北方面に発着する電車のターミナル駅。アミアンやリールなど北の地方都市の他に、パリ-ロンドン間を最短2時間13分で結ぶユーロスター、またパリ-ブリュッセル間を約1時間20分、パリ-アムステルダム間を約3時間20分で結ぶタリスなどの国際線もここ北駅からの発着になります。

ちなみにユーロスターでロンドンに行く場合はユーロ圏外に出ることになるので、TGVやタリスのようにそのまま電車に乗り込むことができません(タリスの行き先であるベルギーやオランダはユーロ圏になるので、出国手続きは必要なし)。まずは駅入口を入って左にある階段を上がり、1階奥にある改札を通って出国手続きを行います。税関は行列ができていることもあるので、出発から約1時間~30分前には着くようにしておきましょう。

主な行き先:ピカルディー地方(アミアン)、ノール地方(リール) ヨーロッパ:イギリス(ロンドン)、ベルギー(ブリュッセル、ブルージュ、アントワープ)、オランダ(アムステルダム)
乗り入れている電車:TGV、在来線、transilien、ユーロスター、タリス