28年お店を構える老舗「TORAYA」

とらや
コンコルド広場近くの高級ショッピング街の一角にあるTORAYA
日本でも老舗として広く知られているとらや。パリ店には28年の歴史があり、パリにおける日本茶文化の第一人者です。

ブームになる数年前までは、一部のインテリ層や日本びいきの人の間で飲まれていた日本茶。それが今では「がんに効く」と言われ健康にいいことや、有名シェフが料理に日本茶を使ったりしたことから普通のいわゆる「特に日本に興味があるわけではない」フランス人に受け入れられるようになり、浸透してきているのだとか。

とらや
落ち着いた雰囲気の店内は、和とモダンが融合した贅沢な空間
すっかり日本茶のとりこになったフランス人は、お茶に対するこだわりも相当なものだそう。最高級品である玉露を選ぶのは9割方フランス人であったり、以前は日本茶の中でも比較的飲みやすい煎茶が人気だったのに対し、今では抹茶のほうがより好まれているということからも、その通ぶりがうかがえます。中には京都の宇治から空輸で届くとらやのお茶を業務用の大きなサイズで買うお客さんもいるそうです。

10月1日からの1ヶ月間は、パリと京都の姉妹都市締結50周年を記念して、京都フェアが開催される予定。この期間でしか味わえない限定メニューや新作など、より深く新しい日本茶の魅力が発見できることでしょう。


<DATA>
TORAYA
住所:10, Rue St-Florentin 75001 Paris
電話:01 42 60 13 00
営業:月~土 10h30~19h 日祝休
URL:www.toraya-group.co.jp


次のページでは、今秋オープンのサロンドテ、寿月堂の新しい試みをご紹介します!