広い殺風景な2間続きのダイニングは12時ですでに満席。所々空いている席には予約の札が。
豪華な3つ星レストランのフルコース、おいしいですね。いやおいしいだけでなくゴージャスな雰囲気と洗練されたサーヴィスは一度は経験すべきです。でも、毎日はごめんです。いや、それどころか、かちこちに緊張してメニューも読めず、言葉が分からない為しゃれた会話も楽しめないくらいなら味どころじゃないかもしれません。そう言えば日本でしょちゅう立ち寄る所は居酒屋ってんじゃ、のどに詰まるかもしれませんね?

実はフランス人だってそうなんです。本当にうまいのは行きつけのお店だったりするんです。しかも、その行きつけの店がフランスじゃばかにできない!おいしいんです、又行きたくなるんです。

INDEX
  注文しなくても前菜が
  ボリュームたっぷりの主菜は、トロトロ
  デザートも充実!


注文しなくても前菜が


よく冷えた水とガス入りのミネラルウォーター、瓶一杯の赤ワインがセットされたテーブルには近所の商店のCMが入ったランチョン。もろに家庭料理風前菜のサラダ2種。
あの「プロヴァンスの12ヶ月」でブレークしたピーターメイルだって、本当においしいフランス料理を食べさせてくれるのは道端の定食屋だって書いてます。そんな店はミシュランにだってゴー・ミヨにだって載ってはいません、でもあちこちどんな町でもすぐに見つかります。

ここは町外れ、3桁の県道脇。まだ12時前だというのに、早、ぞくぞくと車が詰めかけている店がありました。広い駐車場には大きなトラックや工事用の車、営業車などがあふれています。レストラン兼バーの店先には黒板に本日のムニュと書いてあります。

入口近くのバーカウンターで、食事できますか?と問うと、奥へどうぞとのこと。その奥には大きなダイニングが。さらに奥にももう一部屋続いていますが、席はほぼ満席、我々とあと2~3組で売切れみたいです。所々にある空席は予約のカードが、いやよほど人気があるんですね。