女性でも、ある女子高校生が、通学の電車内で男に継続的に痴漢被害を受けていたため、「登校拒否」になってしまったというケースもあります。

こうなると、痴漢行為は人の人生を変えてしまう暴力的な行為であるといえます。女性であろうと男性であろうと、他人から体をさわられるという迷惑行為を受けたら、それは明らかな犯罪なのですから、しっかりと訴え出て、行為者を処罰してもらうようにするべきです。

男性のほうが恥ずかしい?

男性のほうが、もしかすると「恥ずかしい」と思って、「届け出たり、訴えたりするのはイヤ」という人が多いかも知れません。痴漢に狙われるのが「痴漢と騒ぎ立てないような、痴漢行為をされても何も言えず黙っているようなタイプの女性」が多いように、男性も「何も言わないような」タイプが狙われているのではないでしょうか。

「カッコイイ」素敵な男性は、格好良く見られることに慣れていて、人前で格好悪いことはできないものでしょう。痴漢行為をされたと周囲の人に知られること、騒ぎ立てて周囲の注目を浴びてしまうことは彼にとってはあまり格好のいいことではないので、ほとんどの場合、黙って電車を降りているようです。

自分が痴漢被害に遭ったらどうするか? 被害を受けやすいタイプの男性は、被害を受けやすい女性と同様に、考えておかなくてはなりません。予防対策が必要です。ガイド記事痴漢はイカン!遺憾!を参考にして下さい。


※男性なら誰でも疑われかねない「痴漢」を理由にした「振り込め詐欺」が都内で急増中です!「あなたの夫が痴漢?振り込め詐欺」をぜひご覧ください! 


■関連防犯ガイド記事
・電車に乗るのも命がけ
・痴漢はイカン!遺憾!
・父が娘に読ませたい「安全作法」
・「助けて」では助からない!?




■経験談シェアリングサービス「エクシェア」にあなたの経験談を掲載しませんか?
※応募内容をもとにした独自取材にご協力いただいた方には3300円(税込み)をお支払いいたします

経験シェアリングサービス「エクシェア」では、「配偶者の不倫を乗り越え、夫婦関係を再構築している」「配偶者とセックスレスだったが、解消した」など、夫婦関係にまつわる悩みを乗り越えた体験談を募集しています。
経験談の応募はこちらから!

【経験談例】
第三子を出産してすぐ、夫の社内不倫と、相手女性の妊娠が発覚。それでも夫婦関係の再構築を選択した話(30代、女性)

40代で夫の不倫が発覚するも、夫婦関係の再構築を選択。子供はぶじ志望大学に進学、夫婦仲も円満になった女性の話(50代、女性)

W不倫&クレジットカードの使い込みが夫にバレて離婚。シングルマザーとなり、事務職とナイトワークの掛け持ちで生計を立てている話(40代、女性)

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。