美髪レシピ
髪に良い食材を使って、スピードクッキング!
「バランス良い食事は髪にも身体にも良い」とわかっていながらも、ついつい忙しく、自炊できない方は多いことと思います。

今回は、All Aboutスピードレシピ・料理ガイドの野口英世さんに、髪によい食材を使った忙しい女性のための簡単レシピを教えていただきました。美髪効果が期待でき、短時間でさっと作ることができる「休日ブランチ」と「夜食」メニューをご紹介します。

髪に良い休日ブランチレシピ
カキのガーリックピカタ&カボチャとニンジンのラペ

皮膚の形成に関係するミネラル「亜鉛」をたっぷり含んだカキを使った美髪レシピです。亜鉛は、抜け毛予防や、肌や頭皮のために良い効果を与えます。このほか、良質のタンパク質(=毛髪の原料であるアミノ酸を多く含む)である玉子・粉チーズ、髪の健康を保つビタミンA(=ベータカロチン)を多く含むカボチャ、ニンジン、パセリ、血行を良くし、健康な毛髪を生み出す毛母細胞に血液を送り届ける効果があるニンニク、レモン、ビタミンEを含むオリーブオイル、アーモンドなどがバランスよく使われています。

カキのガーリックピカタ&カボチャとニンジンのラペ

■材料・分量(2人分)
【カキのガーリックピカタ】
カキ 1パック
玉子 1個
粉チーズ 大さじ1
パセリ 小さじ1
塩コショウ 少々
ニンニク 1かけ分
小麦粉 大さじ2
オリーブオイル 大さじ1
レモン 2切れ
【カボチャとニンジンのラペ】
カボチャ 1/8個
ニンジン 1/2本
レーズン 大さじ1 ※お好みのドライフルーツで
スライスアーモンド 大さじ1/2 ※お好みのナッツで
オリーブオイル 大さじ2~
レモン汁 小さじ2~ ※酢やオレンジジュースでも
はちみつ 小さじ1/2~1 ※砂糖でも
塩 小さじ1/4~1/2

■作り方(調理時間20分)
1.カキは軽く水洗いし、キッチンペーパーで水気を切る。ニンニクはすりおろし、パセリはみじん切りに。
カボチャとニンジンのラペ
ピーラーでリボン状にする
2.ラペを作る。カボチャはレンジで約2分加熱し、ピーラーでリボン状にスライスする。ニンジンは生のまま、同じくリボン状に。お湯を沸かし、カボチャとニンジンを20秒ゆでる。※ゆですぎに注意!

ボウルにオリーブオイル、レモン汁、はちみつ、塩、コショウを入れて混ぜ、カボチャ、ニンジン、レーズン、スライスアーモンドを加え、やさしく和える。※カボチャやニンジンのサイズにより、調味料の量を調整する

3.ピカタを作る。カキに少々の塩コショウをし、すりおろしニンニクをまぶし、小麦粉をはたく。ボウルに玉子を割りいれ、粉チーズとパセリのみじん切りを加え、混ぜる。
4.フライパンにオリーブオイルを入れ、中~弱火にかける。玉子液にカキをくぐらせ、焼き色がつくまで、両面をソテーする。※カキがふっくらするよう、火加減は中~弱火で。
5.ピカタとラペを盛り付ける。クレソンとライ麦パンを添えれば、ビストロ風ワンプレートブランチに。お好みでピカタにレモンをしぼると、おいしさがアップ!

All Aboutスピードレシピ・料理ガイド野口さんより

冬が旬のカキ。鍋物やフライなど定番メニューもいいけれど、簡単さと美味しさを追求するなら、ピカタがイチオシです! ピカタにすれば、火を通すことで生じるカキの身縮みも少なく、仕上がりはふっくら。そして、旨みも逃しません。

付け合わせには、人気のフランス惣菜「キャロット・ラペ」。リボン状にすることで食べやすく、かわいらしく。また、カボチャをプラスすれば、甘みの相乗効果で美味しさがアップ。皮のグリーンもアクセントになり、華やかな彩りも楽しめます。ワインをかたわらに、ちょっぴりオシャレな休日ブランチを楽しんでください。

次ページでは、白髪予防に効果がある!?簡単夜食レシピをご紹介します。