冬は髪が乾燥しやすい季節

ヘアケアイメージ
空気が乾燥する冬は、髪へのダメージも大きい季節
冬は空気が乾燥している上に、オフィスなどではエアコンの温風が直接髪に当たり、ダメージを受けやすい季節と言えます。

お肌の乾燥は実感しやすいので、保湿クリームなどで入念にお手入れする方が多いことと思います。髪や頭皮もお肌と同様、乾燥に弱く、潤いを欲しがっているのです。今回は、冬の乾燥から髪を守るヘアケアについてご紹介します。

ダメージがダメージを呼ぶ、悪循環に!?

健康な毛髪は12~13%の水分を保持しており、最大35%まで水分を保持できます。毛髪の水分が7%を下回ると、表面のキューティクルがカラカラになって剥がれ、切れ毛やさけ毛、折れ毛、枝毛となって、髪のダメージが表面化します。さらに傷ついた部分から、毛髪の内部の水分まで出ていってしまい、さらにダメージが進んでしまいます。

水分だけでなく、細い線維状のタンパク質でつくられている毛皮質(毛髪の内部)の中には、NMF(Natural Moisturizing Factor=天然保湿因子)が存在しています。これは毛髪に水分を溜め込む役目を果たしています。乾燥した状態が続くと、このNMFも流出してしまいます。髪が乾燥すると、ダメージがダメージを呼び、悪循環に陥る、というわけです。

静電気が切れ毛の原因に!

冬は、ブラッシングにも注意を払う必要があります。冬は空気が乾燥しているため、ただでさえ、静電気が起きることが多い季節。ブラッシングで髪が摩擦し、パチパチと毛が逆立ってしまう、という経験はありませんか。静電気が起きるのは、髪の内部まで乾燥している証拠。静電気によって切れ毛になってしまうこともあります。また、静電気がホコリを寄せ付けるので、髪に汚れがついてしまう原因にもなっているのです。

ブラッシングの前に、くし通りを良くするスプレー、もしくは霧吹きで軽く水分をつける、静電気を防止するブラシを使うなど、静電気の予防を心がけてください。

華やかな逆毛スタイルは、髪のためにはNG

逆毛を立てるヘアスタイルが流行していますが、ヘアケアの観点から考えると、あまりおすすめできません。12月はパーティが多い時期なので、逆毛を立てて華やかなヘアスタイルを作りたい、と思われる女性が多いことと思います。

しかし、逆毛を立てる際、キューティクルの向きに逆らって何度もくしやブラシをいれるため、キューティクルが傷ついてしまうのです。それにより、中の水分が出てしまいます。また、何度もくしで毛を摩擦することで静電気が起き、切れ毛を引き起こす原因にもなってしまいます。今年はヘアケアに力を入れて、“美しく輝く髪”で装ってはいかがでしょうか。

次ページでは、冬の乾燥から髪を守るヘアケアについて、ご紹介します。