終始おだやかな華道男子の笑顔に脱帽!

五十野先生
「世の中は不況といわれても、心にゆとりをもつのは大切ですよね」と五十野先生
「一般的ないけばな教室は90パーセント以上が女性なので、男性には敷居が高いでしょう? その点、こちらの教室は女性の目がないから気がラクですよね」と、キビキビと指導なさる五十野雅峰先生です。

五十野先生は、「個人行動ができる男性は、いけばなをするのに向いているものなんですよ。私も団体行動は苦手なんですけどね」とはにかみながら話します。周りの目を気にしがちな女性に比べて、男性はマイペースでいけばなに集中しているので上達のスピードも速いとのこと。たしかに、お花を見る目は真剣だけど、自分の世界に没頭しているようで楽しそう!

それから、華道男子のみなさんは心に余裕があるせいか、なんだかとても親切なんですよ。「やっぱり婚活を意識して華道をはじめたので?」という私のぶしつけな質問にも、怒り出したり取り乱したりしません!「そういうことでもないんですよ(笑)。次のお節句には桃の花を活けたくて……」なーんて、聞いてる私の心に刺さりっぱなしのトゲトゲまで、根こそぎ取ってくれるような、はんなりしたお答えが。……ウチにもひとつ、桃の花をお願いしますっ!

1回3,000円ちょっとで華道男子の気分を味わえる!

いけばな作品
自由な発想の華道男子による見事な作品に感服!
「男性はある程度テクニカルなことまで要求するので、教えがいもあるんですよ」と、手応えを語る五十野先生。生徒のみなさんは、いけ終わった順に先生から丁寧な講評を受けます。詳しい質問の応酬など、熱心に展開するレッスン風景を見ていると、テレビや雑誌の取材陣も多く訪れるというこちらの教室の充実ぶりがよくわかります。

初心者はもちろん、創作活動を目指す作家や指導者の育成まで可能性が広がるこちらのいけばな教室は、体験レッスンも花材費込みで3,150円でおこなっています。会社から直帰するだけの日々に退屈している男子のみなさん、ぜひ一度、のぞいてみてはいかがでしょう? カレに趣味を持ってもらいたいと願っている女子のみなさんにもおすすめのレッスンです。

【教室情報】
草月流「男子専科」
住所:港区赤坂7-2-21
電話:03(3408)1209
レッスン日時:原則として第1,2,4金曜日(8月は休講)、18:00~20:30
レッスン費用:入会金10,500円、受講料10,500円(月3回の授業、花材費別1レッスン1,700円)、体験レッスン3,150円(花材費込)
※レッスンの詳しい説明や申し込みは、上記H.Pまたはコチラからおこなってください。女性も通える教室もあります。

【ガイドおすすめ男子必見おけいこ】
■草食系男子も通うお料理教室はコチラです!
「男性も通えるお料理教室」
■男の品格を上げるマナーレッスンはコチラです!
「男の品格を上げるおけいこ」

【ガイドおすすめメールマガジン】
■「モテ」にこだわった自分磨きのメルマガは月1回、配信! バックナンバーとご登録はコチラからどうぞ。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。