ワイン好きは「ソワニエ」向き?

おけいこ
2008年はワンランク上の大人レディになりませんか?
みなさん、「ソワニエ」とはどんな意味かご存知ですか? ガイドも初めて耳にした単語。「ソワニエ」とはフランス語で「大切におもてなしするべき」といった意味があり、レストランで言う「最上級のお客様」を指すそうです。

もし自分が、ワインの知識やマナーを理解し、ソムリエを相手に堂々と振舞える「ソワニエ」になれたら、お気に入りのレストランと長いお付き合いが続く大人な関係を築ける事でしょう。2008年からおけいこを始めたい方も必見! ワインの知識やお客としてのエレガント術を学んで、来年はワンランク上の大人レディを目指しませんか?

今回ご紹介するのは、恵比寿にある「レコール デュ ヴァン」の「プティ・ソムリエ講座」。ワイン初心者の方から中級者の方まで幅広く楽しめる講座です。フランスワインを中心に、世界のワインを存分にテイスティングしながら、料理とのマリアージュやグラスの知識など、プティ・ソムリエとしての素養を十分身に付けることができるそう。気になるレッスン内容は、次の項目でお伝えいたします!

「プティ・ソムリエ講座」受講レポート!

おけいこ
モニターを使って分かりやすく説明してくれるので、初心者にも安心
ガイドが参加したのは、「プティ・ソムリエ講座 ウインタークラス」通常レッスンの2回目(全6回 2時間/回)です。この日は「ソワニエになりたい! 」をテーマに、どう振舞えばレストラン側からソワニエとしてもてなされるのかを学びました。まずは、基本となるフレンチレストランのメニューの読み方やワインの選び方を理解します。その段階では「ソワニエ」になる一歩手前。それに加えて「レストランと良い関係を持ち続けていきたいと思う優しさ」があれば、「ソワニエ」としての素質が備わった証拠だそう。とても奥が深くて面白い講義です。

おけいこ
香りや外観をテイスティングシートに記入します
次は実際に、6種類のテイスティングを行います。テイスティング方法は「エレガントに飲める!? ワインを学ぼう」をご参照下さい。

黄リンゴの香り、洋梨の熟れた味、フランボワーズの風味、外観はルビー色でエッジがピンク……皆さん真剣そのもの。味わいをシートに記入して、思い思いの印象を発表していきます。

おけいこ
ソワニエになる為の要素である「品」も身に付く!
6種類のワインの中で、ボルドーの「Clos Du Marquis」を気に入ったガイド。口当たりがよくて、ブラックベリーの風味と適度なタンニンのバランスが最高でした。後で知ったのですが、ボトル価格が9,500円とのこと。実際にレストランで頂くと3倍程の値がつくそうです。そのワインをレッスンで味わえるなんて、一流のソワニエを育てたいと願うスクール側のこだわりを感じました。

●2008年スタートの「プティ・ソムリエ講座 スプリングクラス(2~4月)」のテーマは、「人々を幸せにするワイン・・・シャンパーニュの魅力」です。

次のページでは、「レコール デュ ヴァン」の特徴とお教室の詳細もお伝えいたします。