まずは4本で79円の電池からスタート!

秋葉原で携帯電話の電池が切れそうになったときに、外部電源用に購入した電池の余りだ。4本で79円。
1本あたりのコストは19.75円となる。

どうやら三洋電機製らしいのだが……。

サンヨー製ということだが、三洋電機のモバイルエナジーカンパニーのサイトを見ても同じものが見つからないという謎の製品である。

とりあえずテスト開始。
4枚でシャットダウン。テスト時間は1分にも満たなかった。やはり、DSC-MZ1の威力は凄まじい。
値段なりの成績といったところか。

100円ショップの電池はどうか?

次に100円ショップで購入したアルカリ電池も使ってみよう。
筆者の近所にある100円ショップで購入したもので、4本で105円。1本あたりのコストは26.25円となる。

100円ショップのものらしく、いかにも安い感じの外装だ。

前回は3枚でシャットダウンするという体たらくであったが、100円ショップは常に同じ商品を入荷しているわけではない。というわけで、今回もテストに入れてみた。
製造元はわからないが、中国製。

今回は14枚まで撮影が可能だった
DSC-MZ1でこれだけ撮れれば十分というような気もする。そこそこの成績だ。

さて、次は金パナことパナソニック製のアルカリ電池をテストしてみよう
Page3へ)

Page1 2008年度版デジカメ電池耐久テストスタート!
Page2 4本79円 VS 4本100円のアルカリ電池対決
Page3 赤金パナ&マクセル ボルテージ
Page4 EVOLTA、そしてFDK D RANGEの威力
Page5 「すぐ使える充電池」はどれほど使える?
Page6 購入直後にチェックしてみよう!
Page7 eneloopとHHR-3MPSを使い込んでから測定してみた
Page8 その他にもニッケル水素充電池はあるものの……
Page9 まとめ - どの乾電池を選ぶべきなのか