UDMA対応のデジタル一眼レフにはUDMA対応のメモリーカードを!

いまどきのデジタル一眼レフの画素数は、エントリーモデルであっても優に1000万画素を超えている。コンパクトスタイルのものでも1000万画素を超えているものは少なくない。
そこで必要とされるのが大容量、かつ高速なメモリーカードだ。
ただし、以前のガイド記事でも書いたように、デジタルカメラ側も速い処理ができなければ意味がない。

○参考ガイド記事
高速SDカードの実際の効果とは!?
高速SDカードの本領はここで発揮される!

現状で最速と呼べるメモリーカードはUDMAという規格に対応したコンパクトフラッシュ(用語解説)で、サンディスクのExtreme IVExtreme Ducatiエディション、レキサーメディアの300x SPEEDなどが対応している。

UDMA対応のExtreme Ducatiエディション。

このUDMAに対応したデジタル一眼レフが、この秋モデルから何台か発売されようとしている。
現在、発売が予定されているデジタル一眼レフで、UDMAに対応しているのは下記のものだ。

・ソニー α700(製品情報
・オリンパス E-3(製品情報
・ニコン D3(製品情報
・ニコン D300(製品情報
・キヤノン EOS-1Ds Mark III(製品情報

セグメント的には中級機にあたるEOS 40Dあたりも対応していてもよさそうなものだが、時期的な問題からかUDMA対応とはなっていないようだ。
さて、このUDMA対応のメモリーカードとUDMA対応の本体を揃えたとき、どれほどの速度が出るのだろうか。なにはともあれ計測してみよう。
Page2へ)